スポンサーリンク
新着ニュース

ベッキー「好きだったけど不倫じゃない」7月に復帰させたい事務所と話し合いすらできない状態が続いていた

1月に発覚したゲスの極み乙女。ボーカルの川谷絵音さん(27)との不倫騒動で芸能活動を自粛、表舞台からすっかり姿を消してしまったベッキーさん(32)。
一時沈静化しかけた騒動は、ここにきてペラペラとしゃべりだした川谷さんのせいで再び火が付いた形となり、7月にも復帰を考えていたベッキーさんの所属事務所は苦い思いを抱えているようです。
騒動がここまで来ても、まだ
好きだったけど、それでも不倫関係にはなかった
と主張し続けているというベッキーさんとは、事務所はいまだに話し合いすらできない状態にあるそうで…。→ Geinou Ranking

ゆめの音色 music life [ ベッキー ]

 

にほんブログ村 芸能ブログ

今年のお正月が明けてすぐ、1月7日発売の週刊文春でスクープされた、ベッキーさんと川谷さんの不倫騒動。
ベッキーさんは雑誌の発売前日に緊急会見を開いて不倫関係を否定、関係各所に謝罪の言葉を述べたものの、その会見後に川谷さんとLINEで

<友達で押し通す予定!笑>
<ありがとう文春!>
<センテンス スプリング!>

などという懲りない会話を繰り広げていたことが発覚、反省の意が全くないとして大炎上してしまいました。
結局、出演していたテレビ番組やCMなどはすべて降板し、芸能活動を自粛することとなってしまいました。
それでも、その後芸能界ではSMAPの解散騒動や清原和博容疑者の逮捕、宮崎謙介議員の妻の妊娠中の不倫に桂文枝さんの不倫騒動と、これでもかというくらいに重大ニュースが連発。
さすがにこの件は沈静化しかかっていました。
そんな時、なぜかこれまで沈黙を守っていた不倫のもう一人の当事者、川谷さんが口を開き、週刊文春に2週にわたってインタビューが掲載されるという事態に…。
ゲスの極み乙女。の全国ツアーが始まったことも相まって、騒動は再び大きく盛り上がってしまったのでした。

(以下引用)
「今月13日からは全国ツアーがスタートしましたが、初日の高松公演では楽屋口をブルーシートで覆い、集まったマスコミ陣に絶対に姿を撮らせないよう、“超”がつくほどの厳戒態勢でした。
さすがに、世間体がよくないと事務所側が判断したのでしょうか、15日の岡山公演では、普通に車から降りてきて、報道陣に軽く会釈をしていました。
ただ、この騒動を彼は楽しんで
いるのではないでしょうか」(ワイドショー関係者)
(以上引用 週刊女性)

ちなみに、最初に文春に掲載されたインタビュー内容はこちら。

不倫騒動を蒸し返したゲス川谷絵音にベッキーは何を思う…「せっかく清原騒動で世間が忘れかけてたのに!」

第2弾はこちらで読めます。

川谷絵音が週刊文春と和解?インタビュー第2弾でベッキー、ゲスの極み乙女メンバー、そしてファンへの思いを語った

この川谷さんの饒舌っぷりに、苦い思いをしているのがベッキーさんの所属事務所であるサンミュージックです。

(以下引用)
ウチとしては、早くこの騒動を沈静化させたいんです。
それなのに、川谷さんがいろいろ騒げば騒ぐほど、長引いてしまう。
はっきり言って迷惑というのが、会社の本音
だと思いますよ。
上層部としては、7月には復帰させたいと思っているようです。
下手に長引くと、逆に出るタイミングを逃してしまう。
なので、彼には黙ってほしいと思っているでしょうね
」(事務所関係者)
(以上引用 週刊女性)

夏には復帰、という話、ちらほら出てきていますね。
ネットメディアでも報じられていました。

ベッキー、早ければ夏前に復帰!? 川谷の態度の悪さは最初からで…
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

(以下引用)
「7月の復帰を目指すのならば、テレビ局や芸能関係者などに、今すぐにでも水面下で動き出さなくてはいけないんです。
でも、事務所としては具体的な方針を打ち出せていないみたいですね。
実は不倫騒動が起こってから、ベッキーと事務所の上層部とは、直接会って話し合いができていないんですよ。
社長もベッキーに遠慮しているんでしょうが、いまだに彼女が会社にすべてを話そうとしていない。
まずは、ベッキーときちんと話し合いをし、引退や独立などすべての可能性を含め、彼女が今後どうしたいのかを、腹を割ってきちんと話し合うことが大事でしょう」(別の事務所関係者)
(以上引用 週刊女性)

社長がベッキーさんに遠慮する理由がよくわかりませんが、ベッキーさんは酒井法子さんの薬物騒動以降、事務所の大黒柱として数多くの仕事をこなしてきました。
その過程で、事務所内で“アンタッチャブル”な存在になっていた、とも報じられています。

※詳しくはこちらの記事内でどうぞ。
ベッキー初スキャンダルの余波!CM打ち切りの巨額賠償金で所属事務所サンミュージック倒産の危機!?

事務所の社長といえど、ベッキーさんには強く言えない部分があるのかもしれませんね。
ちなみに“巨額賠償金”の部分は、今日の週刊女性の記事で事務所関係者の方が
違約金などの請求が来たとは聞いていません
と否定されてます。

では、ベッキーさんは今後どうしたいと思っているのでしょうか?
今日、近藤春菜さんもテレビでインタビューに答えていましたが、ベッキーさんは今回の騒動について、友人や仕事関係の方に手紙を送っているらしいのです。
近藤さんはその内容を明かしませんでしたが、週刊女性にはその手紙を受け取ったというテレビ局プロデューサーの方の話が掲載されています。

(以下引用)
「会社に行ったら、いきなり送られてきていたので驚きましたよ。
サインペンのようなもので、直筆で書かれていました。
個性的ですが、とてもきれいで読みやすい字ですよ。
内容を詳しく話すとバレちゃうから言えないけど、要は
≪川谷さんとは不倫をしていません。本当に友達なんです≫
っていうことが書かれていました
」(テレビ局関係者)
(以上引用 週刊女性)

ここまで来てもまだ不倫ではなく友達で押し通すという当初の予定を貫いているのでしょうか…。

(以下引用)
ベッキーとしては、川谷とホテルに行ったり、彼の実家に行ったりと、誤解される行動をしてしまった。
好きだったけど、それでも不倫関係にはなかったということを信じてもらいたいみたい
です。
でも、その主張がそのまま世間に通用しないことも、徐々にわかってきている。
今後、どうテレビの前に立っていいのか、悩んでいるみたいですね」(前出・芸能プロ関係者)
(以上引用 週刊女性)

下世話な話ですが、ではひょっとして男女の関係にはまだなっていなかった、ということなのでしょうか。
どこからが不倫なのか…配偶者ではない人に恋愛感情を持ってしまったらなのか、手をつないだらなのか、二人きりで食事したらなのか、体の関係ができたらなのか…個人によってその判断は分かれるところでしょうけれど、法律的には、体の関係があるかどうか、で分かれます
以下は、法律上は浮気・不倫とみなされないケース、だそうです。

(以下引用)
【浮気とみなされないケース】
・パートナー以外の異性と一緒に食事をした
・手をつないだ
・ふたりで見つめ合った
・軽くキスをした
・誕生日にプレゼントを贈った
・バレンタインデーに手作りチョコを贈った / 受け取った
・合コンや婚活パーティーに出て不特定多数の異性と会った
・親密な内容のメールをやりとりした
・FacebookなどのSNSで親密なメッセージを交換した
・出会い系サイトに登録して親密なメッセージを交換した
・ビデオチャットサイトで画面越しに互いの裸を見せ合った
(以上引用 ウレぴあ総研

ベッキーさんはとにかく真面目な女性だと報じられています。
好意を持ったとき、彼女はまだ川谷さんが妻帯者だと知らなかったといわれていますが、男女の関係になる前にその事実を打ち明けられていたとしたら、離婚成立まではそういう関係にはならないことにしていた可能性もありますよね。
まあでも、同じホテルのベッドに二人で腰かける写真も流出しちゃってますし、もしそうだとしても世間は信じないでしょうね…。
ちらほらと夏頃復帰という報道が増えてきているのは、おそらくサンミュージックサイドがその報道に対する世間の反応を確かめるべく、観測気球的に漏らしている情報なのでしょう。
さて、ベッキーさんは本当に7月に戻ってこられるのか…本人の気持ちの問題もありますし、もう少し先になるのかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ゲスの極み乙女。川谷絵音のSNSはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    真実がどうであれ、もう世間はそういうイメージになってしまっている。
    友達で押し通すには無理があるし。
    いっそう、認めて、お騒がせしてすみみませんでした!って復帰した方がいいんじゃないかな

  2. 厚かましい より:

    私は本当はいい人なの、私は悪くないのってオーラ出しまくり そこまでして芸能界にいたいのかな?よっぽど芸能界ってぬるま湯なんだろうね 麻木久仁子もいまだテレビに平気で出てるしね

  3. はたい より:

    御飯も食べれず、眠れないんじゃなかったんですか?復帰って…もう芸能界に必要なくねぇ?誰もベッキー復帰望んでねぇし

  4. コロ より:

    来年、バンドの人気も落ち着くでしょうから、その時にバンドの実力が問われると思います!!
    2~3年後、人気が無くなり、ひっそり解散・活動停止とならないよう祈ります!!