スポンサーリンク
新着ニュース

ベッキー、文春への手紙で会見でウソをついたことを認め謝罪!ゲス川谷絵音のナルシシストぶりも明らかに…

ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音さん(27)との不倫騒動で芸能活動自粛中のベッキーさん(32)が、なんと宿敵であるはずの週刊文春に騒動についての手紙を送り、それを文春がそのまま記事として掲載したことが話題となっています
昨日文春デジタルでは一部分しか公開されなかったベッキーさんの手紙ですが、本誌にはその全文が掲載されています。
ベッキーさんは、会見の際「友人だ」とウソをついていたことを認めて謝罪し、川谷さんの奥様に直接謝罪したいがいまだ実現していないことなどを綴っています。
さらに、文春の取材で、騒動を受けて川谷さんに早々に見切りをつけたベッキーさんと、そのベッキーさんに執着する川谷さんの様子が明らかとなっています。→ Geinou Ranking

ゆめの音色 [ ベッキー ]

 

にほんブログ村 芸能ブログ

昨日、文春デジタルで公開されたベッキーさんの手紙は、

(以下引用)
川谷さんへの気持ちはもうありません。文春さんで奥様が話された記事を読み、そこで初めて奥様のお気持ちを知り、自分の気持ちの整理がつきました
(以上引用 週刊文春デジタル)

という部分のみでした。
そのせいで、ネットではこんな反応が…。

ベッキーが週刊文春に手紙!「川谷さんへの気持ちはもうありません」ネット「友達じゃなかったの?」

まあ、雑誌発売前に全文を公開するわけにはいかないということはわかりますが、ちょっと文春さんも意地悪ですね。
川谷さんへの気持ちはもうありません、という思いとともに、ベッキーさんはあの会見についてもこう書いているのです。

(以下引用)
記者会見についてですが、私は気持ちの整理もつかないまま会見の場に立ちました。
離婚が成立するまでは友達のままでいようという約束がありましたので“友人関係である”という言葉を選んでしまいました。
しかし私の行動を考えると恋愛関係だったと言うべきでした。
質疑応答がなかったことも含め、皆さまに納得していただけなかったもの当然のことと思います。
当時の私は好きという気持ちが大きく、周りもみえず、本当に愚かでした。
会見で文春さんの報道を否定するような言動をとってしまい申し訳ありません。

(以上引用 週刊文春)

つまり、会見ではウソをついていたことを認めているのです。
その上で、“川谷さんへの気持ちはもうありません”ということなのです。
文春は、この1か月余り、ベッキーさん本人への取材をずっと申し込み続けていたのだそうです。
それに対し、ベッキーさんは取材には応じられませんが、ということでこの手紙を送ってきたのだそうです。
リテラによると、この手紙はベッキーさんが事務所関係者の静止を振り切って送ったものとか。

(以下引用)
『文春』サイドからのインタビューのオファーをずっと断り続けていたので、申し訳ないという気持ちから書いたようです。
事務所関係者は止めたらしいのですが、最低限の対応はしたいとベッキーが押し切ったと聞いています」(サンミュージック関係者)
(以上引用 リテラ)

几帳面、律儀と報じられているベッキーさんの性格が表れている感じがしますね。
さて、文春はベッキーさんの手紙と一緒に新たな事実をいくつか報じています。
まず、ベッキーさんが仕事関係の方々に手紙を送りまくっているという報道について。

ベッキー「ゲス川谷とは友達、不倫は本当にない、信じて」100人にお詫びの手紙

(以下引用)
「ベッキーがテレビ局のプロデューサーに書いた“詫び状”の中で
『川谷とは不倫をしていない』
『本当に友達です』
といまだに抗弁しているというのです。
実際にはそんな書き方はしていない。
休業に入ってからは憶測が蔓延しました。
実家で引き籠もるように過ごす中で、ベッキーはいてもたってもいられず、番組関係者は友人宛てに百通にも及ぶ手紙を書いた。
それは事実
です。
親友のお笑い芸人・近藤春菜(33)や宮川大輔(43)は手紙を受け取ったことを認めています。
ただとにかく迷惑をかけたことを謝るだけの手紙でした」(民放関係者)
(以上引用 週刊文春)

そして、ベッキーさんと川谷さんの報道後の関係について。
これまでは、報道された後も川谷さんに思いを寄せるベッキーさんと、もう別れたがっている川谷さん、という感じで報じられていました。

ゲス川谷絵音「もう別れようかな」ベッキーは結婚熱望も相手は逃げ腰に

ところが、実際には、文春に川谷さんの妻の独占告白記事が掲載された直後の1月中旬から、ベッキーさんは川谷さんの電話を着信拒否して連絡を断っていたというのです。(上記記事は2月上旬のものです)

(以下引用)
川谷の将来を憂うある音楽関係者が話す。
いまだに気持ちが通じ合っていると思っていた川谷君は、なぜ連絡が取れなくなったのか理解できず、激しくうろたえていました
ナルシシストの彼は、ベッキーさんの事務所が圧力をかけて無理やり、“着拒”にさせたのではないかと勘繰って、何とか連絡を取ろうと試みていました。
でも、まったく上手くいかない。
彼はおそらく現在でも悲劇的な恋愛物語を思い描いているはず
です」
(以上引用 週刊文春)

これが本当なら、上記2月上旬の記事はなんだったのでしょうか。
川谷さんの、『ベッキーさんの事務所が圧力をかけて無理やり、“着拒”にさせたのではないか』という思い込みがそのまま記事になってしまった感じです。
川谷さんの周辺から漏れた憶測交じりの情報がネタ元だったのかもしれませんね。
ちなみにベッキーさんは手紙の中で川谷さんの奥様への思いをこう書いています。

(以下引用)
何よりもまず、川谷さんの奥様へ謝罪したいというのが今の一番の気持ちです。
とにかくお会いしてお詫びの気持ちをお伝えしたいです。
私の事務所を通じて謝罪の場を設けてもらえるようお願いしていますがまだ叶っておりません。
先方からは川谷さんを交えてならというお話もありましたが、もう川谷さんとは関係がないので奥様と1対1でお会いして謝罪をさせていただきたいと考えていました。
そして川谷さんとの関係についてですが、もう連絡を取っておりません。
出会って好きになった後に奥様がいることを知りました。
そこで気持ちをとめるべきでした。

(以上引用 週刊文春)

奥様と3人であっても、もう川谷さんとは顔を合わせたくない、という強い思いが見て取れます。
このベッキーさんの思いがすれ違いを生んでしまったようで、奥様の方は、謝罪したいといったのはそっちなのに条件を付けるなんて、とショックを受けてしまったそうです。
ベッキーさんは奥様にも手紙を書いたこともあったそうですが、川谷さんとベッキーさん、双方の所属事務所間の感情的なもつれもあって、結局奥様は受け取りを拒否されたとか。
さて、ベッキーさんから“もう関係がない”とばっさり切り捨てられた川谷さんですが…。
そもそも、最初に文春が長崎の川谷さん実家への不倫旅行をすっぱ抜いたとき、川谷さんは結婚しているという事実を頑なに拒否し、奥様のことは“友達”だと話していました。

(以下引用)
二人を知る別の音楽関係者が真相を明かす。
奥さんを友人といったのはあり得ない対応で、彼女を深く傷つけました。
なぜ彼がそんな見え透いた嘘をついたのか。
それは彼は既婚者であるという事実が関係者にも伏せられていたことが大きかった。
バンドも人気商売ですから仕方ない部分もあり、ベッキーも当初は知らなかったわけです(*編集部註 本誌への手紙でも<出会って好きになった後に奥様がいる事を知りました>と記述)。
その“設定”を利用して、『友人関係』という前提のまま世間にバレずに離婚まで漕ぎ着けたいと目論んでいたのでしょう。
そもそも川谷はベッキーに対して
『結婚は事実上破綻している。あとは離婚届に判を押すだけ』
と説明していた
ようです。
夏に入籍したばかりの新婚だとも知らせていなかった。
ベッキーはその“卒論”提出の約束を信じていたのです」
(以上引用 週刊文春)

ベッキーさん、新婚であることも知らなかったんですね…。
文春に載った奥様の激白を読んで、さぞ驚かれたのでしょう。
これはもう、ベッキーさんは悪くなくないですか?
好きになったときには既婚者であることを知らず、知った後も新婚であることは隠され、夫婦間が破綻していると信じ込まされていたわけですから…。
ある意味、ベッキーさんも被害者のような気がします。
夫婦関係が破綻して離婚寸前の既婚者と、新婚の既婚者では同じ不倫でもハードルが違いすぎますからね。
まあ、不倫する人間はみんな配偶者とはうまくいっていないと言うものらしいですから、だまされたベッキーさんが初すぎた、ということなのでしょう。
元凶である川谷さんは、ベッキーさんを選ぶつもりだったようで、騒動後、離婚を急ぐようになったのだそうです。
離婚協議に関する文春の取材に、

「そうですね。二人でちゃんと話し合いを今、しています。はい」

と答えていましたが、その離婚協議は川谷さんの“逆ギレ”に近いものだったとか。
騒動のせいで食べ物も受け付けず横になっているような状態の奥様に向かって、離婚を迫り、かなり酷いことを言った、と文春には書かれています。
いやホント、ゲスの極みですね。
その後、奥様とは復縁の道を選んだとの報道もありましたが…。

ゲス極川谷絵音、離婚せず妻と復縁の道へ!ハシゴを外されたベッキー「引退して結婚」願望叶わず

復縁、されるのでしょうか。
こんな男捨ててしまった方が奥様のためだとも思うんですけど。
この件、ネットでも反応が割れているようです。

(以下引用)
「想像以上に純朴なんだろう
いい加減ベッキーは許してやれよ
これ以上叩くなら矛先ゲスにもっていくべき
ベッキーはそろそろ許されるにしても、不倫とは一生切り離せないわけだから、難しいよ
嫌われ覚悟で悟りを開き、
私はワガママ嘘つきでしたが、これからは心を入れ換え頑張りますしかない。」
雑誌業界とTV局にうまく利用されている感じだな
純粋なベッキーが可哀想だ

やっぱ、卒論とか奥さんのこと茶化した時点でもう許すことはないよ、相手は
もういらんから勝手にやって!
と言われた時だけが許しの代わり。
誰からも許されたいと思わない方がいいんじゃないかな。
こんなに謝りたいのに受け入れてもらえないんです
奥さんまだ怒ってるみたいでー
って文春にチクるのが真摯なの?

「他の話題が多くて忘れられそう
ここはひとつ燃料投下ってとこかな」
「普通にテレビ出たいんすよ、必死なんすよ、もう許して
とか手紙に書いたら支持するわ」
(以上引用 2ちゃんねる)

ベッキーさんの芸能界復帰も絡んでいろいろな憶測も流れているようですが、井上公造さんは“早ければ来月”との見解とか。
一方で、リテラはこう書いています。

(以下引用)
本サイトがサンミュージック関係者に取材したところ、ベッキーは、早期の復帰など、全く考えていないという。
(以上引用 リテラ)

ここまで几帳面で真面目な方だと、当分復帰とか考えられなさそうではあります。
せっかく沈静化していた騒動を蒸し返した感はありますが、さて、今後はどうなるでしょうか。

※ゲスの極み乙女。終了へのダメ押し…?
ゲスの極み乙女。の武道館チケットが余りまくり 空席だらけでワロタ
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ベッキー、川谷絵音のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 通りすがり より:

    この件は、常識で考えれば川谷だけゲス認定で正解なんだが、なんでこじれてるのかが不思議
    確かに、ベッキーの初期対応は良くなかったと思うけど、文春に振り回された感が強くて、ベッキー自身に罪があるとは思わないな
    ベッキー自身が芸能界に戻りたいのかどうかは知らんが、事務所的にはそれが収入源なんだから、なんとか戻したくて当たり前だろうな

  2. うんざり より:

    騙されたってもって行きたいみたいですが、騙してもいないし、黙ってる男が利口、結局ベッキーは芸能界に戻りたいだけじゃん

  3. あきれた より:

    両成敗しないとね
    というより新婚早々にたらし込みとは・・・
    ベッキーも騙されてバカだな

  4. うっとおしい より:

    川谷だけゲスにする魂胆かぁ~今熊本の人達 ベッキーの手紙の事何てテレビで観たくないと思うけど配慮も出来ない三十路かぁ