スポンサーリンク
新着ニュース

ベッキーが民放全局から総スカン!見切り復帰、ウソと稚拙対応で『金スマ』のTBSすら敵に回る?

今月13日に『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)で芸能活動を再開したベッキーさん(32)。
今後は徐々にレギュラーだった他番組にも出演して露出を増やしていく戦略なのかと思いきや、まったく先の目処が立たない状態が続いているようです。
その原因は、所属事務所であるサンミュージックの対応のまずさにあるようで…。
ベッキーさんの復帰VTRを放送して高視聴率をゲットしたTBSすら敵に回してしまったようなのです。→ Geinou Ranking

ゆめの音色 [ ベッキー ]

 

にほんブログ村 芸能ブログ

ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音さん(27)との不倫騒動で芸能活動を休止していたベッキーさんですが、川谷さんの元妻・A子さんへの直接謝罪が実現したことを受けて今月13日、『金スマ』で復帰を果たしました。

ベッキー、会見でウソをついたこと、不倫だったこと、LINEが本物だったことすべて認めた!これで世間からは許される?

ところが、直後にこの『金スマ』収録がA子さんへの謝罪より前に行われており、それをA子さんサイドに伝えていなかったことが発覚。
週刊文春に、A子さんがベッキーの所属事務所・サンミュージックに“抗議文”を送ったと報じられてしまいました。
A子さんサイドが“抗議文”だったことは否定したものの、放送された『金スマ』を見てショックだったこと自体は本当だったことが報じられ、ベッキーさんのなけなしの好感度は地に落ちる形となってしまいました。

川谷絵音元妻、ベッキー側に抗議文を送ったことを否定…しかし収録を知らされておらずショックを受けたことは事実

そもそも、元妻に謝ったからといって芸能界に復帰することとは話が別、ということでネットではベッキーさんが芸能界に戻ってくることに拒否反応を示すコメントも多く、『金スマ』での復帰は無事済んだものの今後が不安視されていたベッキーさん。
ネット世論はベッキーさんの復帰にはほとんどが反対だと報じられましたが、それだけでなく、業界からも総スカンを食らってしまっていたことが明らかとなっています。
休業前は数多くのレギュラー番組を持っていたベッキーさんですが、そのほとんどの番組が、ベッキーさんについては“一時的な休業”というスタンスで“降板”という扱いにはしていませんでした。
復帰に際して、それらの番組には一言断りがあってもよかったところだったのですが…。

(以下引用)
テレビ復帰はごく一部の身内や『金スマ』関係者にしか知らされておらず、他局は寝耳に水だった。
突然の休業で迷惑を掛けた他局スタッフやスポンサーに仁義を欠いており、ベッキーの復帰を応援しようとしていた関係者たちは『蚊帳の外』にされてシラケムードになっている。
ベッキー側は復帰を焦るあまり、直前まで秘密にしておきたいTBSサイドの思惑に乗せられてしまった
ようです。
事務所側はスポーツ紙に情報を漏らして根回しの代わりにしようと画策しましたが、それが今度はTBSサイドの逆鱗に触れてしまった。
現場から復帰プランが聞こえてこないのも自業自得
ですから仕方ない」(テレビ関係者)
(以上引用 デイリーニュースオンライン)

そう、復帰番組を放送し高視聴率を獲得したTBSすら敵に回してしまったのです。
世論を敵に回し、業界をも敵に回してしまったベッキーさんに、明るい未来があるとはとても思えません。
これらの失策の原因は、どうやらベッキーさん本人ではなくサンミュージックにあるようなのです。

(以下引用)
5月の他局への十分な事前の根回しなしでベッキーを『金スマ』に“復帰出演”させてしまったことや、1月の会見でベッキーに嘘をつかせてしまったことなど、騒動発生後のサンミュージックの対応のまずさが目立ちます。
ここ数年、経営環境は厳しいこともあり、優秀な社員が多数、ほかの事務所に移っており、そうした人材不足も背景にあるのでしょう。
現在ではベッキーが1月の会見で嘘をついていたことがバレて、多額の契約金を払ってきたスポンサー企業を敵に回してしまいました。
これで所属タレントが大手企業からCM契約をもらうことなども難しくなり、事務所としては当分厳しい危機的状況が続くでしょう
」(テレビ局関係者)
(以上引用 ビジネスジャーナル)

なんと、スポンサー企業まで敵に回してしまいました。
八方ふさがりとはまさにこのことです。
ネット上では、ベッキーさんに対する抗議行動も活発化しているそうで…。

(以下引用)
ネット上では、ベッキーの復帰に合わせて番組やスポンサーへの抗議活動をしようとする動きが活発化。
番組への苦情ならまだしも、スポンサーへの直接抗議はテレビ局の生命線にかかわってくる。
以前よりは批判がやわらいだとはいえ、これはテレビ局にとって脅威となります。
特にスポンサーの主要顧客である主婦層からの嫌悪感が根強く、何食わぬ顔でレギュラー復帰すれば抗議が殺到するのは確実。
なかなかベッキーの復帰が進まない要因のひとつになっています
」(前同)
(以上引用 ビジネスジャーナル)

無理にこの時期に復帰を急いだことがすべて裏目に出ちゃってますね。
しばらくはどうにもならなさそうです。
ただですね、ネット上での“炎上”というのは、必ずしも世論と一致しているとは限りません。
ほんの一握りの人たちが大きく騒ぎ立てれば、炎上は簡単に起こってしまうんです。

炎上の犯人は「たった6人」

民放各局、スポンサーが怒っているというのは本当なのでしょう。
でも、元妻への謝罪より番組収録が先だったことで世論は怒り狂っている…というのは、ひょっとしたら正しくないかもしれないのです。
以前当サイトでもご紹介したこちらのアンケートでは、ベッキーさんの復帰を許せないという声が圧倒的でした。

実際はどうなのでしょうね。
こればかりは、ネットでいくらアンケートを募っても、応えてくれるのはネットを使いこなしている層だけなので、実際のところはわからないのです。
以前、東海地方のワイドショーが行った街頭アンケートでは、過半数以上の方がベッキーさんの復帰について賛成と答えていました。
意外に、世論はベッキーさんを許しているのかもしれません。
だとしても、テレビ局とスポンサーを怒らせてしまっているので、やっぱり復帰への道は遠いんですけどね。
さて、サンミュージックがどう次の手を打ってくるのか、ベッキーさんの次の出演番組は何になるのか、注目ですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ベッキーのブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

コメント

  1. 匿名 より:

    ここまで周到にベッキーを陥れて炎上ビジネスを展開している文春は、面子にかけて、もう振り上げた拳を大人しく下ろせるワケが無い
    TBSも、ここでベッキーと一緒に中居君の株も落として、金スマを終了させるか降板させたかったんじゃないかね?
    何気に、ジャニーズ内での立場も危ういし、清○絡みで中居君からも香ばしい感じが漂ってきてるからね

  2. 匿名 より:

    イメージで金儲けしてたから、仕方がない。
    かわいそうだけど、そういう業界だから。

  3. 名無し より:

    ベッキー 頑張って