スポンサーリンク
新着ニュース

指原莉乃を筆頭にHKT48メンバーがスタッフをパシリ扱い!1年でマネジャーが3人も辞める異常事態に

明日行われるAKB48総選挙で初の連覇がかかっているHKT48指原莉乃さん(23)に悪評が立っているようです。
なんでも、HKTではAKSから派遣されてきたマネジャーがここ1年で3人も辞めてしまっているといいます。
その原因が、スタッフをパシリ扱いするHKT48メンバーにあるようで…みんな、指原さんのマネをしてしまっているらしいのです。→ Geinou Ranking

74億分の1の君へ (Type-B CD+DVD) [ HKT48 ]

にほんブログ村 芸能ブログ

毎年この時期に行われるAKB48のシングル選抜総選挙ですが、やはり年々話題性は低下してきてますね。
明日の総選挙も例年通りフジテレビで生中継されるそうですが、今年はどうなるでしょうね。

※昨年はフジテレビに批判が殺到する事態になりました。
批判殺到!フジテレビのAKB48総選挙中継での真剣なスピーチ途中で笑い声、多すぎるCMに怒りの声!

6月1日に発表された速報では、昨年3位だった渡辺麻友さんが1位、昨年1位の指原さんは僅差で2位という結果になりました。

※NEWS手越祐也さんとのスキャンダルを黙殺した柏木由紀さんの順位が下がり過ぎてると話題になりました。
AKB48柏木由紀、総選挙「1位宣言」も速報6位!6年ぶりの下位発進、手越祐也とのスキャンダルでファン離れが顕著に

(以下引用)
今年の首位争いは、指原とAKB48・渡辺麻友の一騎打ちといわれています。
渡辺は14年に初めて1位に輝いたものの、昨年指原に首位奪還を許してしまった。
今年、指原が初の2連覇なるか、それとも渡辺が返り咲くのかが話題になっています。
1日に都内で開催された『AKB48 選抜総選挙ミュージアム』のオープニングセレモニーに出席した渡辺は、
さっしーは全メンバーの敵
とライバル宣言。
その後、1日時点での速報が発表されると、1位は4万2,034票で渡辺、指原は4万1,127票の僅差で2位につけていることがわかりました」(芸能記者)
(以上引用 サイゾーウーマン)

“全メンバーの敵”とまで言われてしまった指原さんですが、HKT人気をけん引していることは間違いないそうで、今年の速報では兒玉遥さん(19)が8位、宮脇咲良さん(18)が12位にランクインしています。
ちなみに兒玉さんは昨年も速報では8位だったものの最終結果では17位と選抜入りを逃し、宮脇さんは速報12位で最終的には7位でした。
指原さんがスキャンダルからHKTに移籍したのが12年6月、総選挙の後。
12年の総選挙ではHKTからは宮脇さんが47位に入っているのみですが、指原さん加入後の13年には宮脇さんが26位に大きくジャンプアップ、兒玉さんが37位に初登場しています。
確かに人気をけん引している部分がありそうですね。
ところが、指原さんの存在はいい影響ばかりではないようで…。

(以下引用)
「そんなHKTですが、実はこの1年ほどでAKSから派遣されてきたマネジャーが、3人も辞めているんです。
その原因は、指原をはじめとした有力メンバーが、スタッフをパシリ扱いするようになってしまったため。
もともと指原が、マネジャーへの態度が悪く、それを下の子たちがマネし出した
というわけなんです。
指原本人だけでなく、まだ14歳の矢吹奈子など指原に気に入られている“指原派”の横柄な振る舞いは、ほかの一部メンバーからも問題視されています」(AKB関係者)

Graduation中学卒業(2017) ラスト制服センチメンタルグラビア 矢吹奈子 羽賀朱音 小栗有以 彩木咲良 佐々木莉佳子 (TOKYO NEWS MOOK)


特に女性の若手マネジャーがついた際には、たったの数カ月で辞めてしまったという。
最近も、また新たに1人補てんされたというが、辞めるのも時間の問題とみられているそうだ。

「指原はHKTの劇場支配人・尾崎充氏など、総合プロデューサー・秋元康氏にも口を挟めるようなスタッフには従順ですが、そうではない者を見分けて差別している。
指原は総選挙の順位を気にするより、もっと自身の振る舞いを振り返るべき。
HKT内の空気は、どのグループと比べても最悪ですよ」(同)
(以上引用 サイゾーウーマン)

指原さんにこの手の悪評が立つのは初めてではありません。
これは13年7月の記事ですが…。

AKB48指原莉乃・篠田麻里子は「バラエティで共演したくないタレント」業界人が暴露!

ここに、こう書かれています。

(以下引用)
「いま一番評判が悪いのは、AKB48総選挙で1位になった指原莉乃(HKT48)でしょう。
彼女は秋元康に気に入られているため、スキャンダル発覚後も謹慎するどころか、スキャンダルを逆手に露出を増やしている。
本人も『私は秋元先生のお気に入りだから』とスタッフなどを見下しています。
打ち合わせで楽屋を訪ねても、大御所もビックリの態度なのは日常茶飯事。
わかりやすい天狗ぶり
です。
自分より下だと思ったタレントには挨拶もしないため、共演者からもやりにくいといわれます」(放送作家)
(以上引用 サイゾーウーマン)

同じサイゾーウーマンの記事でしたね。
タレントさんも売れてくると態度が悪くなってしまうものなんでしょうか。
支えてくれる裏方の方たちがいなければ、タレントさんたちは仕事ができないはずなんですけど…。
上に立つ人間がやっていることをそのまま真似てしまうのはよくあることではありますが、あまり裏方さんの反感を買ってしまうと、いざ自分たちが落ち目になったとき、助けてくれる人がいなくなってしまいます。
ほどほどにしておいた方がいいと思うんですけどね。

指原莉乃の熱愛記事をスクープした「週刊文春」記者が語った恐怖体験
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

指原莉乃のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    ブスなうえに性格まで最悪って終わってんじゃん
    消えろよゲロブス