スポンサーリンク
新着ニュース

極楽とんぼ山本圭壱の吉本復帰にネットは拒否反応…「芸能界は犯罪者に甘いな」

10年前に淫行騒動で吉本興業をクビになり、芸能界から遠ざかっていたお笑いコンビ・極楽とんぼ山本圭壱さん(48)が、十分に反省したということで吉本に復帰することが発表されましたが、ネットでは犯罪者をテレビで見たくないという拒否反応が起こっています。
「僕の会社では、一度クビになった人が復帰するなんて、聞いたことがないです」
「芸能界は犯罪者に甘い」

などという声が上がっています。→ Geinou Ranking

極楽とんぼのテレビ不適合者 上巻【中古】

にほんブログ村 芸能ブログ

山本さんの吉本復帰は、15年ぶりに行われた極楽とんぼのツアー『極楽とんぼ 単独ライブ 全国ツアー2016』の最終公演で発表されました。

(以下引用)
極楽とんぼ・加藤浩次
発表させてもらいます。
僕と山本と吉本興業の大崎社長と10日ぐらい前にお話しさせていただいて、“戻ってくるか”というお話を頂きました。
これからは汗をかいて、できる限り2人で頑張らせていただきたい

と報告すると、山本も
小さいことでも何でも頑張っていきたいと思いますので、山本圭壱、加藤浩次、極楽とんぼをよろしくお願いします
と頭を下げた。

復帰が発表されると、ステージ上に「軍団山本」と呼ばれるロンドンブーツ1号2号・田村淳、ココリコ・遠藤章造、品川庄司・庄司智春、ペナルティ・ワッキーが上がり、涙を浮かべて祝福。
会場が感動に包まれる中、同ツアーは幕を閉じた。
(以上引用 日刊サイゾー)

軍団山本のメンバーは喜んでいるようですが、世間の反応は正反対のものとなっているようです。
ネットでは…。

(以下引用)
犯罪者として認識されてしまった以上、何がどうしてこうなったのか、きちんと説明するべき
「で、結局、誰が悪いの?」
僕の会社では、一度クビになった人が復帰するなんて、聞いたことがないです
一般社会とかけ離れた考え方。芸能界は甘い
「軍団山本って人たちは、なんでいつも泣いてるの?」
山本の周辺と世間の温度差……
「内輪すぎて、不快」
(以上引用 日刊サイゾー)

といった、冷めた反応が多かったとか。
実際、ガールズちゃんねるでの反応を見てみると…。

(以下引用)
「山本いらね」
「お呼びでないです」
気持ち悪い
「TVには出ないでね」
本当に芸能界は甘いな
1度解雇された事務所(会社)に一般人は戻れないよね。甘い世界だな。

「私も自主退社した会社に簡単に戻りたいわ」
吉本は昔から犯罪者には甘いな
「需要なし 今更二人でやる意味ある?」
「潔く引退した方が好感度少しは上がるのに。」
「強姦魔でしょ!? 復帰ってなによ(;゜゜)」
芸能界すっごいな 不倫枕薬物淫行なんでもありやん 吉本も気持ちわる
「吉本のイメージ下がった。」
加藤の許してやって下さいの意味がわからない。
そこまでして山本を復帰させたい意味って何よ。

加藤は弱みでも握られてるの?
「芸能界以外では生きる道がなかったんだね
要するに社会不適合者 」
「めちゃイケなんて山本出演させたことでスポンサーが降りて、番組の資金源なくなったのにアホだね」
反省が足りないとか、犯罪者だとかか、そういう問題以前に面白くないし、なんの期待もないから復帰しなくていいと思う。
(以上引用 ガールズちゃんねる)

コメント内に山本さんの復帰を喜ぶ声はほとんどありませんでした。
サイゾーさんは「“引き気味”の反応も目立つ」とややオブラートに包んでましたが、目立つどころか大半が引き気味の反応です。
山本さんが少女への淫行で吉本をクビになったのは2006年のことでした。
もう10年も前ですから、この件の詳細を知らない方も多いかと思います。

(以下引用)
06年の7月に山本は北海道の函館のホテルで17歳の少女と肉体関係を持ったが、その後、少女が山本に「暴行された」と110通報。
被害届を出したために、北海道道警は山本を事情聴取した。

それ以前にも、交際歴のあったホステスから“妊娠・中絶”を週刊誌に告発された過去があった山本を吉本は即座に解雇した。
あれほどの人気者だったのに、お払い箱のような扱いだった。
(以上引用 メンズサイゾー)

※事件当時の少女の告白です。
極楽山本淫行事件で少女が激白!
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

この後、この少女とは示談が成立し、被害届は取り下げられています。
芸能界を去った山本さん、その後08年にはサーフインストラクターとしてとあるショップのサイトに名前が掲載されていることが話題になったり…。

山本圭一の今 サーフインストラクターとして活躍中

2年後には転職していたことが報じられたりしました。

極楽とんぼ山本圭一、今度はパワーストーン店で働きだしていた!

この年、2010年には「めちゃイケ!」のオーディションに参加したものの1回戦で敗退した…とも報じられています。

山本圭一、めちゃイケオーディションに参加するも1回戦で敗退していた!

さらにその3年後、2013年にはとある寺で修行しているとロンブーの淳さんが明かしたものの、直後に寺から脱走したと報じられたこともありましたね。

山本圭一、寺での修業を3カ月で辞めていた!現在の消息は…?

この間、山本さんの芸能界復帰に関しては様々な噂が報じられたものの、すべて実現はしませんでした。
しかし昨年1月に名前を“山本圭一”から“山本圭壱”に改名してライブから活動を再開。
今年7月の『めちゃ×2イケてるッ』(フジテレビ)の特番で全国地上波復帰を果たしています。

※しかし視聴率は振るわず…
山本圭壱10年ぶり復帰の『めちゃイケ』11.6%に「低すぎる」の声!やはり打ち切りが現実に?

この視聴率にも、あまり視聴者に望まれてはいない感が現れてますね。
この山本さんの復帰、相方の加藤浩次さんの今後にも影響しそうなのだそうで…。

(以下引用)
失うものがない山本と違って、加藤は商品価値がダダ下がり。
事件当時は、加藤の涙に同情の声が集まったものの、現在は山本の復帰を促したとして、好感度は下がる一方。
これまで、多くのCMに起用されてきた加藤ですが、今後は広告業界も手を出さなくなるでしょう。

また、スポンサーの手前、テレビ局も極楽とんぼの起用は難しい。
今後のメディア露出は、せいぜいネット番組や、深夜番組くらいのものでは?」(芸能記者)
(以上引用 日刊サイゾー)

芸能評論家の比留間正明さんはこう語っています。

(以下引用)
「淫行や性犯罪は、タレントにとっては致命的なことです。
吉本も、喜んで山本さんを復帰させたのではないと思います。
本当に必要な人なら、2~3年で戻ってくるはずです。
山本さんは、周りの芸人の応援があったからこそ、10年かかってやっと復帰できたのでしょう

ただ、その活動環境について、肥留間さんはこう言う。

テレビ局はOKしたとしても、スポンサーが嫌がります。
テレビにはなかなか出られないでしょうし、CMはまず入ることはないと思いますよ。

テレビで1、2回お付き合いをする人はいるとは思いますが、それ以上は関わりたくないのでは。
復帰が決まっただけで、未来は明るくないと思います」

山本さん自身についても、苦言を呈した。

「チケットが完売したと言っても、それは話題性で客を集めただけのように感じます。
山本さんは、小さな演芸会をコツコツ続けるといった苦労の跡が見えませんね。
芸を磨いていくのではなく、テレビに出ることしか考えていないように思えます。
地に足が着いていないのではないでしょうか

(以上引用 J-CASTニュース)

あまり先行きは明るくなさそうですが、テレビで使ってくれる番組があるのでしょうか。
吉本によると、テレビからのオファーはまだ来ていないとか。

うーん、正直、復帰するにしてもやや時期が悪いような気がしますね。
高畑裕太さんの事件があったばかりで、世間の性犯罪への拒否反応はいまピークの状態です。
もともとこの時期の復帰を目指して吉本と交渉し続けてきていたのかもしれませんが、それにしたってもう少し高畑さんの件が風化するまで待った方がよかったのでは。
まあ、風化したころに復帰したとしても世間の拒否反応が収まるわけではないとは思いますが。

と考えると、いつ復帰したって一緒ということではありますね。
テレビに出なくても芸能活動はできるでしょうから、この世界でしか生きられないのならそれなりの苦労と努力をするしかないでしょう。
それが世間に受け入れられるかどうかはまた別の話ですが…。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

山本圭壱のSNSはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    いい子ちゃんを演じるのってストレス溜まるんだね。

  2. 匿名 より:

    >>淫行や性犯罪は、タレントにとっては致命的なこと
    近隣国同様に日本も権力次第でなんとでもなる国。
    弁護士、工作員、信者、いろいろいる。
    一例)Hey!Say!〇UMPの中〇裕翔のやり方
    会員制バーで乱暴(窓ガラス割り)や暴言の噂→
    調子に乗って店外で痴漢→110番通報される→
    同棲中の女に泣いて電話(女がうろたえて各方面に電話し判明)→
    警察官の前では泥酔→逮捕されず→テレビに出て笑顔
    これは権力で消されてしまった話が漏れ伝わったパターン。
    マスゴミと言われながらも現場にはまだ仕事やってる連中はいる。