スポンサーリンク
新着ニュース

映画『本能寺ホテル』にトラブル!パクリ疑惑を脚本家がツイート、炎上騒ぎに

現在公開中の映画『本能寺ホテル』にトラブルの存在が報じられています。
公式サイトによると、この映画の脚本は相沢友子さん、という方が担当されているのですが、実は当初は万城目学さんが書く予定だったというのです。
ところが、映画のクランクイン直前に、当時完成していた脚本が全ボツになってしまったのだとか。
そこから新たに書かれた、全くの新作で『本能寺ホテル』は作られたそうなのですが…ひとつだけ、万城目さんのアイデアが残ってしまったのだそうで…。
こういうの、“パクリ”っていうんでしょうか?→ Geinou Ranking

映画「本能寺ホテル」オリジナル・サウンドトラック [ 佐藤直紀 ]

にほんブログ村 芸能ブログ

この件、今日発売の週刊文春が記事にしていますが、万城目さんご本人がツイッターで状況を明かしています。
そちらをまず転載したいと思います。


万城目さんは映画の名前を伏せていらっしゃいますが、週刊文春が明らかにしました。

(以下引用)
万城目さんとフジテレビの間に深刻なトラブルが起きたようです

と声をひそめるのはある映画関係者だ。
これまでフジテレビは『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』といった万城目氏の小説を映像化するなど、両社はいわば蜜月関係だったはずだ。

「現在、綾瀬はるか堤真一主演で公開中の映画『本能寺ホテル』の製作過程で関係がこじれたといいます。
そもそもこの作品は原作のない完全オリジナル。
万城目氏の書き下ろし脚本が売りでした。
プロデューサーと監督、万城目氏の3人で何度となく打ち合わせを重ねたはずなのですが、昨夏のクランクイン直前に完成した脚本が全ボツになってしまった
そうです」(前出・映画関係者)
(以上引用 週刊文春)

「プリンセス・トヨトミ -PRINCESS TOYOTOMI-」オリジナル・サウンドトラック / サントラ


このあたりの事情は、上記万城目さんのツイートと一致してますね。
万城目氏は、映画製作に一切かかわらない代わりに、新たな脚本は全くの新作で作ってもらい、自分の脚本からの引継ぎ部分をすべて削除、万城目氏の名前も外してもらうようにお願いしたといいますが、ひとつだけ、アイデアが残ってしまった…というのです。

(以下引用)
親しい編集者が明かす。
「万城目さんには『鴨川ホルモー』『偉大なる、しゅららぼん』という小説がありますが、彼は“ホルモー”や“しゅららぼん”のような独創的なフレーズから、物語を書くことのできる作家です。
今回、『本能寺ホテル』に使われたアイディアも、そうした独特のものでした

(以上引用 週刊文春)

鴨川ホルモー [ 万城目学 ]

偉大なる、しゅららぼん [ 万城目学 ]


あとは、万城目さんのツイートの通り。
万城目さんはその場面を削除するようにフジテレビに要請したそうですが…。

(以下引用)
「しかしフジテレビの回答は、『場面の削除は不可能です』。
人気の俳優のスケジュールを再調整して改めて撮り直すのは無理だと。
結局、万城目氏は泣き寝入りせざるをえなかった
そうです」(同前)
(以上引用 週刊文春)

文春さんは、年末に万城目さんを直撃したようです。
昨年12月30日に、万城目さんはこんなツイートをしています。


(以下引用)
万城目氏を直撃すると、映画名こそ挙げなかったが、次のように答えた。

去年と一緒に忘れたい話です。
ただしアイディアは自分にとって創作と生活の命です。
ヘラヘラ笑って、ああそうですかと手渡せるものではありません

フジテレビにも、今回の経緯と認識について尋ねた。

製作過程における関係者との手続きに問題はなく、ご指摘にあるような“盗作”にあたる行為は一切ございません」(企業広報部)
(以上引用 週刊文春)

どのフレーズなんでしょうね。
万城目さんが予告編を見て気が付かれたわけですから、予告に入れこまれているフレーズということになりますが…。
ツイッターにはこんな推測がありました。


このシーン、ネットの予告編には残っていますので、何とも言えませんが…。

この件、万城目さんは映画名を明らかにしていなかったものの、ネット上では早い段階で『本能寺ホテル』なのではないかと推測され、脚本家さんに苦情や誹謗中傷リプが送られるというプチ炎上状態となっていたようです。
それについて、万城目さんがやめてほしいというツイートをしたことによって、中途半端にネットにこんな内容をあげるのが悪い、こうなることは予測できただろうと万城目さんへの批判も高まり、さらなる炎上を生む事態にも発展しているようです。
週刊文春が確定で『本能寺ホテル』の名前を報じたことで、事態がさらに悪くなることも予想されますね…。
フジテレビサイドは否定していますが、もし本当にこんなことがあったのなら、もう少し誠意をもった対応ができなかったのかと思います。
万城目さんご本人はすでに割り切って、去年と一緒に忘れるとされてますし、これ以上外野が騒ぐべき話ではないのかもしれませんが…。

似すぎでしょ。パクリだと思わせるような映画作品まとめ
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

気になる芸能人のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    戦国時代にタイムスリップと言うでっかい要素が、既にいろんなSF映画の丸パクリなんだし、綾瀬はるかと堤真一の組み合わせは「プリンセス・トヨトミ」だし、観客もそういう先入観でしか見てないから、内容なんか重視してないよ
    だいたい、「本能寺ホテル」なんてストレートなタイトルを見た瞬間、まずは三谷幸喜作品かと思ったし、違うと知った時点で、あらゆる面でパクリ満載だと知ってるから、この先の小説に影響なんかないな
    堂々と面白い小説を書いたらよろしい

  2. 匿名 より:

    ほとんどパクリって話ではないわな。
    脚本家が降板しても、
    同じ企画なら一部要素が残っても
    ある程度当然。
    むしろ、脚本が全ボツになった経緯が問題だな。
    まあこの人小説家で脚本ははじめてっぽいから、
    単純に力量が足りてなかっただけかもしれないけど。