スポンサーリンク
新着ニュース

木村拓哉『無限の住人』マスコミ試写の業界評が無残…上映中に「飽きた」のため息まで

実写化が発表された時から一部で爆死間違いなしとまで囁かれている、木村拓哉さん主演の映画『無限の住人』。
そのマスコミ向けの選考試写会が先週末からスタートしているそうですが、見た業界人の評価が厳しいものになっているようで…。
上映中に、「飽きた」といわんばかりのため息まで漏れていたといいますが、映画の出来栄えはどうなのでしょうか。→ Geinou Ranking

新装版 無限の住人(1) [ 沙村 広明 ]

にほんブログ村 芸能ブログ

『無限の住人』が木村さん主演で実写化されるという話は、発表された時から原作ファンの反感を買っていました。
当時のネットの声は…。

(以下引用)
勘弁してくれ
「キムタクが無限の住人…」
「キムタク主演か…頑張れ!!!」
「え?万次役キムタクなの? 合わないなぁ」
「し…主演キムタク…?????」
「無限の住人の実写化キムタクって…」
キムタク主演はちがくねぇか?
主演がキムタクで良いと本気で思っているのか?
「キムタク主演の無限の住人とかいう大型核地雷」
「キムタク主演の無限の住人に暗雲だな」
「キムタク…もう実写やめぇや…」
クズ映画の予感しかしない
「進撃の巨人越えなるか!?」
無限の住人の原作好きなんですが監督三池で主演キムタクって考えうる限り最悪な組み合わせで笑ってる
(以上引用 ロケットニュース)

そんな『無限の住人』のマスコミ向け先行試写会が先週末頃からスタートしているといいますが、評判はあまりよろしくない様子です。

(以下引用)
当日は、配給スタッフが会場を駆け回り、ジャニーズ御用達メディアの担当記者に、端から頭を下げて回っていました。
木村の主演作では、過去最大級のプロモーションが予定されているということで、制作側の熱の入りようも尋常ではありません
」(テレビ局関係)
(以上引用 日刊サイゾー)

現在放送中の連ドラ『A LIFE~愛しき人~』(TBS)のときもそうでしたが、絶対にコケることは許されないということで、これまではあまりやらなかった事前の番宣もなかなかの規模になるようですね。

※ちょっと頑張りすぎちゃいましたけど
木村拓哉、松山ケンイチ無視の「フレンドパーク」ワンマンホッケーに視聴者が唖然!

ところが、肝心の映画の出来がイマイチとの噂が…。

(以下引用)
2月上旬、都内で行われた試写会参加者によると、客席での反応は実に微妙なものだったようだ。
SMAPファンだったという女性記者が振り返る。

冒頭は10分ほどのモノクロシーンは素晴らしく、グッとその映像美に引き込まれましたが、その後は延々と『いかにキムタクをかっこよく見せるか』という内容でした。
いつもの“キムタク主演ドラマ”と同じような感じですね。
まるで『キムタクのPV』のような印象もありました。

目玉とされている100人斬りの殺陣シーンが3回あるのですが、木村の役は不死身の設定だけに、勝負に負けるわけがなく、一度倒れたと思っても復活する。
その際、原作を知らない人の中には、『あ、生き返るんだ』と、思わず笑いが出てしまった人もいたみたいです。
敵役の首が飛んだり、血みどろになったりなど、グロテスクなシーンも多くて、女性ウケは厳しそうです
(以上引用 日刊サイゾー)

事前評もイマイチなうえに、実際に見た業界関係者評もイマイチとなると…ヒットは難しい、というか大コケしてしまう可能性も高いのでは…。
実写化映画って、コケるときはホント大きくコケることが多いですからね…。

※テラフォーマーズ、ガッチャマン、ルパン三世…いろいろありました。
世紀の大コケした日本映画の駄作作品がとっても酷いっす
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

しかし、大ヒットした実写映画も確かにあります。
例えば、佐藤健さん主演で実写化された『るろうに剣心』とか。

実写版るろうに剣心ってクオリティ高かったよな

>るろうに剣心 京都大火編 スペシャルプライス版 【Blu-ray】 [ 佐藤健 ]


『無限の住人』も、『るろうに剣心』に続ければいいんですが…。

(以下引用)
正直、映画の面白さで言えば、『るろうに剣心』の方が勝っていた印象です。
途中、記者から『飽きた……』と言わんばかりのため息も聞こえてきたし、マスコミ関係者の間では『大ヒットは難しいのではないか』とささやかれています
」(同)
(以上引用 日刊サイゾー)

あくまで実際に見た方おひとりの感想です。
マスコミ事前評がすごく良くても全然ヒットしなかった映画もあれば、事前評はイマイチだったのに大ヒットした映画もあるでしょう。
世間がこの映画をどう評価するかは、公開されてみないとわかりません。
が、こうしたネガティブな感想が漏れてしまうと、大ヒットは難しくなってしまうかもしれませんね。
ただでさえ、木村さんにはSMAP解散騒動の際にこびりついた“裏切者”というネガティブイメージがいまだについて回ってしまっているわけですから…。

放送中の『A LIFE』の視聴率も、かけた制作費に見合うだけは伸びておらず、初回14.2%で始まりましたが、最新の第4話では12.3%と2ポイント近くも下落してしまっています。
これ以上下がって、まさかの一桁に転落したり、草なぎ剛さん主演の『嘘の戦争』に視聴率で負けてしまったりすると結構ピンチです。
ドラマが大ヒットして、その余波で映画もヒット、というのが関係者の描いた筋書きでしょうが、今のところはその筋書きには程遠い結果になりそうですね…。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

気になる芸能人のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース