スポンサーリンク
新着ニュース

引退後の浅田真央、CMギャラが激減?打ち切る企業も出て稼ぎ激減との噂が…タレント転身にも不安説

日本中が温かく見守った、浅田真央さん(26)の引退会見。
最後の挨拶でにじませた涙がとても感動的でした。
今後についてはまだ未定としてはっきりしたことは話さなかった真央さんですが、すでに平昌オリンピックに向けてテレビ局の間で争奪戦が始まっているとも報じられています。
その一方で、ネガティブな報道も一部で流れており、アスリートでなくなる真央さんは今後、CMギャラが激減するか、最悪打ち切る企業も出てくるというのです。
本当なのでしょうか…?→ Geinou Ranking

浅田真央そして、その瞬間へ [ 吉田順 ]

にほんブログ村 芸能ブログ

ブログで突然報告された、真央さんの現役引退。
びっくりしましたが、同時に、どこかほっとしてしまいました。
若手がどんどん台頭してくる中、故障に苦しみながらひたすらに頑張る真央さんの姿には、どこか痛々しさも感じていましたから…。
現役引退となると、気になるのは今後の話です。
会見では具体的な話はありませんでしたが…。

(以下引用)
今後の活動で唯一決まっているのが、毎年座長を務めている夏のアイスショー『THE ICE』への出演です。
しばらくはショーに出演するプロスケーターとしての活動を軸にするのではないでしょうか。
それと並行した仕事として考えられるのがテレビのスポーツキャスターです。
来期2月の平昌五輪を前に、秋からの新シーズンは代表選考の場でもある。
各局の“浅田争奪戦”は既に始まっています
」(スポーツ紙記者)
(以上引用 週刊文春)

一部では、すでにフジテレビに決まっているとの噂も出てますね。

(以下引用)
「来年の平昌冬季五輪で解説を依頼されるはずです。
その準備として、フィギュアスケート中継のつながりがあるフジテレビのスポーツ番組で起用される予定だそうです。
視聴率の低下が著しい『スポーツLIFE HERO’S』が、その筆頭候補になっています」(スポーツジャーナリスト)
(以上引用 まいじつ)

それ以外にも様々な番組に呼ばれるようになるはず、と見る向きもあり、その場合は解説者の椅子取りゲームになりそうだとのこと。

(以下引用)
「解説者枠にも限りがありますから、優先順位が出来てきます。
今、関係者の間で“切り捨て候補”になっているのは安藤美姫(29)。
一時期はバラエティ番組にも引っ張りだこでしたが、安藤にはアンチも多い上に、所属事務所の代表を務める彼女の母親も“モンスターペアレント”として知られている。
過去には母のクレーマーぶりが報じられたこともあるほどで、局側にとっては安藤を起用するのも面倒なんです。
そんな経緯もあるので、浅田の参入によって真っ先に蹴落とされるのは安藤とみられます
」(前出・関係者)
(以上引用 デイリーニュースオンライン)

MY Way 安藤美姫写真集 [ 能登直 ]


真央さん、そんなに弁が立つほうではないので、解説者としてどこまで活躍できるかというのはまだまだ未知数という気がしますけどね。
自分が演技をする、というのと、人の演技を解説するというのは全然違うでしょうし。
また、タレントとして真央さんがうまくやれるのかという部分については、不安説もあるようです。

(以下引用)
彼女はお姉さんのように、バラエティ番組でぶっちゃけ話を披露するキャラとは真逆で、内気なタイプ。
加えてトーク力もないので、バラエティーやコメンテーター向きではない
ですし」(キー局プロデューサー)
(以上引用 週刊新潮)

トーク力なんて、タレント活動をすると決めたときに磨けばいい話のような気もしますけど…どうなんでしょうね。
確かにぶっちゃけ話をするようなキャラではないですし、真央さんにその方向へは行ってほしくないという気がしますね。
一方、真央さんは数多くのCMに起用されています。

(以下引用)
これまでのようなハードな練習がなくなることで、CMやテレビの出演本数が増え、芸能界を席巻しそう。
現在、CMの1本あたりの単価は新垣結衣、長澤まさみと同じクラスで6,000万円ともいわれていますが、単価がさらに上昇しそうです
」(芸能関係者)
(以上引用 日刊サイゾー)

という予測がある一方で、週刊新潮には広告代理店関係者のこんな予測が報じられています。

(以下引用)
今結ばれているスポンサーとの契約は、どこかで仕切り直しになるでしょうね
とは、広告代理店関係者。

真央ちゃんが企業と結んでいるのは、“アスリート枠”での契約。
この枠は年間契約で、1本でも億単位と高額。
競技で活躍し、結果が出れば商品イメージも一緒に上がっていきますからね。
しかし、もう現役を引退するわけですから、そうした成果は望めない。
継続するにしてもギャラは激減するか、最悪打ち切る企業が出てくる可能性もある

(以上引用 週刊新潮)

ちょっとびっくりですね。
真央ちゃんレベルの国民的人気を誇るアスリートの引退は、注目も集まりますし、むしろ争奪戦になる案件だと思っていました。
なのでサイゾーの予測のほうがしっくりくるんですが、新潮のいうように現在のCMが1本1億円超で契約されているのだとすれば、サイゾーの報じている『6000万円』というギャラの額は確かにかなり安い金額になります。
“ギャラが激減”というのはあり得る話なのかもしれません。
減っても6000万円というのはかなり高額な部類ですけどね。
でも打ち切る企業が出るというのは…どうなんでしょう。
今打ち切ってしまうのはかなりもったいない話のような気がしますよね。
私が経営者なら、せっかくゲットしている真央ちゃんのCM権、このタイミングで手放そうとは思いませんけど…。

ちなみに、現在真央さんが出演しているCMはこれだけあります。
伊藤ハム「朝のフレッシュ」
森永製菓「ウイダーinゼリー」
王子ネピア「まおレゴフィギュアプレゼント」、「ウェットントン」
オムロン「電動歯ブラシ」、「カラダスキャン」
ロッテ「ガーナミルクチョコレート」、「クリミオ」、「クランキー」、「デュアル」
佐藤製薬「ストナ」
NEC「VALUESTAR W」
日本コカ・コーラ「大豆ノススメ」
オリンパス「μ-DIGITAL」
Nestle「エアロボックス」
花王「アジエンス」
エアウィーヴ「エアウィーヴ」
NISSAY
JAL
住友生命「ヤングジャパンアクション」
アルソア「アルソアクイーンシルバー」
(Wikipediaより)

すごいですね。
これまで現役選手だった真央ちゃん、実はスケート連盟にCM出演料の20%を納付していました。

※詳しくはこちら。
浅田真央はスケート連盟にCM出演料の20%などを納付中→引退すればゼロに!何としても引き止めなきゃ!

※そう、ソチ五輪SPで真央ちゃんが失敗した原因を作ったと噂されてる、あのスケート連盟に、です。
浅田真央のソチ五輪SP失敗はスケート連盟のせい!?最終調整のリンクが酷すぎた…

現役を引退したので、今後は連盟に納める必要がなくなるはずです。
となると、多少ギャラが減っても問題なさそうな気もしますね。

あ、上記記事内に、真央さんのCMギャラは5000万円との記述がありました。
新潮は今回億単位と書いてますけど、どっちが本当なんでしょうね?

さてさて、このようにいろんな憶測が流れるということは、それだけ真央さんが注目される選手であったという証です。
できるなら、今後も明るい方の予測が当たってくれることを祈りたいところです。
素敵な男性と、幸せな結婚もしてもらいたいですよね。
真央ちゃん、これまでお疲れさまでした。
たくさんの感動を、本当にありがとうございました。
しばらくはゆっくり休んで、心と体をリフレッシュさせてあげてください。
そして、これからの活躍も、楽しみにしています。

【悲報】フジ安藤優子アナ、浅田真央の引退でエゲツない無知を披露し批判殺到www
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

浅田真央のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース