スポンサーリンク
新着ニュース

目標の6割しか売れなかった!木村拓哉を表紙に起用した雑誌が無残…強引すぎるジャニーズ事務所の営業手法も明らかに

少し前、映画『無限の住人』が公開される直前に、映画雑誌から週刊誌、テレビ誌に至るまで表紙という表紙が木村拓哉さん、という時期がありました。
ジャニーズ事務所がなりふり構わず必死の露出作戦を敢行していると話題になりましたが、実は木村さんを表紙に起用した雑誌が目標の6割程度しか売れなかったといいます。
やはり世間の木村さんに対する風当たりは強いようです。
さらに、あの“雑誌売場がキムタクだらけ”という状況の裏には、ジャニーズ事務所による強引すぎる表紙獲得手法も隠されていたそうで…。→ Geinou Ranking

【先着特典】A LIFE~愛しき人~DVD-BOX(オリジナルトートバッグ付き) [ 木村拓哉 ]

にほんブログ村 芸能ブログ

今年4月ごろ、書店の雑誌売場に行くと、映画雑誌やテレビ誌などありとあらゆる雑誌の表紙が木村さん、という時期がありました。
なんでも、普段は独占取材を取るのが非常に難しい木村さんが、表紙に起用してくれるならOKといって逆オファーしてきていたそうで…。

※詳しい経緯はこちら。
木村拓哉『無限の住人』必死の宣伝活動が裏目に?独占インタビューの“逆オファー”があったと映画ライターが暴露!

当時のことについて、とある映画雑誌の編集者さんが週刊女性にこんな話をしています。

(以下引用)
最初に事務所を通じて取材の連絡をとったら“表紙込みなら考える”と言われたんです。
ただ、そのときにはすでに表紙はほかの人が決まってしまっていたため、申し訳ないのですがお断りしました

しかし後日、状況が変わる。

配給会社から“どんな形でもいいからページを作ってほしい。インタビューの時間を取る”という連絡が来ました。
個別取材の時間がもらえるなら、ということで取材をすることにしたのですが……
」(前出・映画雑誌編集者)

口を濁すのも無理はない。
結局、表紙もキムタクに変わるからだ。

“取材するなら、表紙もやるでしょ?”と、事務所の広報から連絡がきた媒体がいくつかあるそう。
というのも映画雑誌やエンタメ誌では、嵐のほか事務所の後輩たちが連載や、表紙を飾っていることが多い。
編集部と事務所も持ちつ持たれつの関係なので、そういう雑誌で表紙を飾ったものもあるそうですよ
」(前出・芸能レポーター)
(以上引用 週刊女性)

かなり強引なやり方ですね…。
表紙に決まっていたというほかの方が気の毒ですよね。
小さい事務所の方だったのでしょうか。

ここまでして強引に表紙を飾った木村さんでしたが、実は世間の反応は非常にシビアでした。

(以下引用)
実は、今年に入っていちばん売り上げが悪かったのが木村さんの号。
ふだんの目標値が1万冊だとすると、軒並みその近くまで売れるのですが、木村さんを表紙に起用した号は、売り上げ達成目標の6割程度で着地した
んです」(前出・映画雑誌編集者)
(以上引用 週刊女性)

この辺が、雑誌への露出が多すぎた弊害なのかもしれません。
こうした木村さんが表紙を飾った雑誌は、おそらく普段はその手の雑誌をあまり買わない木村さんファンが、木村さんが表紙だから買う、という部分で売り上げが伸びることを期待しているのでしょう。
しかし、同時期にたくさんの雑誌の表紙を木村さんが飾ると、ファンのおサイフにも限りがありますから、当然厳選して購入することになります。
結果、1誌当たりの売り上げはさほど伸びない、ということになってしまうのでしょう。
まあ、雑誌の売れ行きは表紙のタレントが誰かだけで左右されるものではありませんので、今年に入っていちばん売れ行きが悪かったのが木村さん表紙の号だったのは偶然かもしれませんが…。
木村さんが表紙だから買わない!という人が大量発生した、という可能性もなくはないでしょうか。

とにかく、あのSMAP独立・解散騒動以降、木村さんの好感度がそれ以前に比べて急激に下がっていることは間違いなさそうです。
その上に、『無限の住人』公開時の大量な露出戦略。
バラエティに出演した際はその行いがネットで炎上したりもしましたが、あの露出戦略には、事務所内部からも批判の声が上がっているといいます。

(以下引用)
雑誌だけでなく、普段だったら絶対に出演しないようなバラエティー番組にも出ましたからね。
あまりに多くの媒体に出演しすぎて、ミステリアスだった彼の価値を逆に下げてしまったように思います。
Iマネージャーなら、こんなプロモーション方法は絶対に取らなかったんじゃないでしょうか
」(ジャニーズ事務所関係者)
(以上引用 週刊女性)

好感度は下がってしまっていたわけですから、何らかの手を打たなければ映画がヤバい、というのはあったのだろうと思います。
が、やはり出過ぎるというのも出ないのと同じかそれ以上にマイナスプロモーションになってしまう場合があるんでしょうね。
Iさんこと飯島三智女史だったら、あの局面をどう乗り切ったんでしょうね。
まあ、飯島女史がそのままジャニーズに居続ければSMAPも解散しておらず、木村さんの好感度も下がらず、映画もドラマももっとヒットしたのかもしれないので、意味のない“If”ではありますが。

さて、唯一ジャニーズ事務所に残るSMAPメンバー、になるはずが、中居正広さんも残留を選んだことで立場がやや微妙になっているという木村さん。

(以下引用)
中居さんはアイドル時だからバラエティー番組で培った引き出しがあります。
しかし、木村さんは当時からバラエティーに出ることは少なかった。
解散後にドラマの番宣で出演していた際も“俺様”キャラが抜けきれず反感を買うこともあったようです
」(前出・番組制作スタッフ)

かつてSMAPの“ツートップ”と呼ばれた木村と中居だが当時の経験の差がここへ来て明確に出てきてしまった。

安定を望んでまっさきに残留を唱えた木村さんでしたが、中居さんの影に、世間だけでなく事務所でも肩身が狭くなりつつあります。
この先の路線にも悩んでいると思いますが、役者以外できない木村さんは結果を出すしかないと焦っていると思いますよ
」(前出・芸能レポーター)
(以上引用 週刊女性)

木村さんには、来年1月期にテレ朝で連ドラ主演するという噂があります。

木村拓哉、フジ月9を蹴ってテレ朝木9で主演決定!やはりキムタクは手厚く守られ続けるようです

これが大きくコケると、もう本当にあとがない、ということになるでしょうね。
まあ、あとがないとはいえ、ジャニーズ事務所の力でなんとなく主演を続けては行くんでしょうけど。
役者として今後もやっていくなら、そろそろ“何をやってもキムタクにしか見えない”と言われる状況を何とかしないといけないでしょう。
木村さんが役者としてステップアップできるような仕事を、ジャニーズ事務所がマネジメントしてくれるといいんですけどね。
アイドルとしてのかっこいい木村拓哉像を守ったまま、役者としてステップアップすることはできませんから…。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

◆気になる芸能人のSNSはこちら
◆最新芸能ニュースはこちらで読めます!→人気ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース