スポンサーリンク
新着ニュース

握手会の終わりがAKBグループの終わり?刃物男乱入騒動後も握手会をやめられないAKBグループの悲哀

6月末、欅坂46握手会に刃物を持った男が乱入し発煙筒に火をつける騒動が起こりました。
メンバーまでわずか3mの距離まで近づいていたとも報じられましたが、翌日に同じ場所で予定されていた握手会は中止になることなく強行され、ネットでは運営に対する批判の声が上がっていました。
メンバーの安全を犠牲にしてまでも握手会をやめられないAKBグループ。
それは、握手会がAKBというビジネスモデルの根幹であり、やめてしまったらその瞬間にこのビジネスモデルは崩壊してしまうから、らしいのです。→ Geinou Ranking

真っ白なものは汚したくなる (初回仕様限定盤 Type-B 2CD+DVD) [ 欅坂46 ]

にほんブログ村 芸能ブログ

6月24日、幕張メッセで行われた欅坂46の握手会で、発煙筒のようなものに火をつける騒ぎを起こした男性が刃物を所持していたとして逮捕されました。
この男性は
「メンバーの女性を刺して殺そうと思った」
と供述している、と報じられています。

AKBグループの握手会では、14年5月にのこぎりを持った男が乱入し、当時AKB48のメンバーだった川栄李奈さん、入山杏奈さんが負傷するという事件が起こっています。
このときはまだ警備が不十分で手荷物検査などが行われておらず、メンバーが実際に負傷したということで大きな問題となり、予定されていた握手会、ハイタッチ会などが一時中止されました。

AKB商法崩壊の危機!握手会殺人未遂事件を受けメンバーから「怖くて握手会なんてできない」の声が噴出

その後警備が強化されたはずの握手会でまたも起こってしまった刃物の持ち込み。
その手口は…。

(以下引用)
会場では、来場者に対し目視による手荷物検査や、ハンディ型の金属探知機を使った身体のチェックを行っていたが、阿部容疑者はナイフなどが入ったバッグを他人の忘れ物として会場の係員に預け、手ぶらで入場。
その後、運営本部にバッグが届いていないか問い合わせ、受け取った
という。

こんなにアナログな方法でも簡単にすり抜けられることが証明され、セキュリティのザルぶりが露呈。
メンバーが殺されかけたにもかかわらず、次の日も同じ場所で予定通り握手会を開催した運営の意識の低さに、疑問の声が相次いでいます
」(芸能記者)
(以上引用 日刊サイゾー)

ケガ人は出なかったから、ということなんでしょうか。
さすがに騒動の一番近くのレーンにいたメンバーを含めて4人ほどが欠席したそうですが、メンバーの気持ちを考えると、ひどい話ですよね…。

川栄さんと入山さんの事件が起こったときは、握手会の存続そのものが危ぶまれる事態となりました。
しかし、AKBは握手会がなければ生き残れないグループであることは当時も今も変わらず、結局事件から41日後に握手会は再開されました。
その後、事件の影響を考えたらファンとの接触イベントは数を減らす方向へ向かってもおかしくないのですが…。

(以下引用)
AKB48は事件以降、ファンとの接触が減るどころか、接触の種類が多様化。
『じゃんけんサイン会』『自撮り2ショット写真会』『メンバー録音会』『メンバー1ショット動画会』『プレミアムカードサイン会』など、多すぎてファンすら把握できないほどの状態。
入場時のチェックを“ザル”だと感じているファンも多く、ストレスを抱えているメンバーもいるはず
」(AKB48ファン)
(以上引用 日刊サイゾー)

※ひどいケガでした…。
入山杏奈の手と頭の傷が酷い…握手会襲撃事件の怪我の経過まとめ【画像あり】
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

AKBが今のように“国民的アイドル”と言われるようになるずっと前、まだ秋葉原のAKB48劇場でのみささやかに活動していたころは、メンバーとの2ショット撮影権を15万円で販売していたそうです。

AKB48に15万円で2ショット撮影権を販売していた過去!そこから握手権大量販売へ、すべては“金持ちの遊び”だった?

当初から、こうしたメンバーと触れ合う“権利”をファンに売ることで人気を延ばしてきたグループだったわけです。

(以下引用)
「基本的に接触イベントをしないアイドルグループに、5人組のももいろクローバーZがいるが、AKB48と違っていまだに6万人規模のライブ会場を埋めることができる。
AKB48グループのライブには魅力がなく、昨年8月に開催したNMB48のコンサートでは、神戸ワールド記念ホールのスタンド席が全席空席になったことも。
AKB48グループや坂道シリーズは、あくまでも“握手会アイドル”であり、握手会を辞めてしまったら、一瞬でビジネスモデルが崩れます
」(芸能関係者)
(以上引用 日刊サイゾー)

アイドルとしての芸を磨くよりなにより、ファンと触れ合う時間を確保することが優先されてきた結果、それ以外に価値のないグループになってしまったんですね。
ちょっと古い記事なんですが…。

AKBが握手会の消化がどんどん遅れて破綻しそうな件

AKBが国民的に認知されるようになり、握手券…じゃなくてCDが売れるようになると、テレビやラジオに出たり雑誌のグラビアを飾ったり、AKBのメンバーも忙しくなっていきます。
すると、売った握手券を消化するための時間がなくなってきて、その消化がどんどん遅れている…と話題になったことがあるんです。
その後、AKB人気も下火になっていっていますから、今はそこまで遅れてもいないのかもしれませんが、それでも握手券をばらまいた分、ファンと握手する時間を作ろうと思えば、メディアに露出する仕事を削るわけにはいきませんし、アイドルとしてファンを満足させるパフォーマンスを練習する時間まではなかなか作れませんよね。
握手でファンを繋ぎとめているわけですし、パフォーマンスはそこそこでいい、という判断もあるかもしれません。
となると、ちょっとやそっとのトラブルでその握手会そのものを中止するという判断は絶対にできない、ということなのでしょう。
歪んでますよねぇ…。

結局、前日に刃物を持った男が乱入して発煙筒を焚いた、まさにその場所で同じように握手会をするしかなかった欅坂46のメンバーたち。
どれだけ警備を厳重にしたといわれても、まだ10代の女の子です。
さぞ怖かったことだろうと思います。
そんな女の子たちの頑張りが、こんな形になっているというのもまた皮肉な事実。

秋元康が横須賀に30億円の“AKB御殿”建設中…隣の土地は幻冬舎・見城徹氏が購入済み

なんというか…そろそろどうにかならないものでしょうか。
握手券のために聞きもしないCDを何枚も何枚も購入させられるファンも、刃物を持った男に襲撃されながらも不特定多数のファンと握手し続けなければならない女の子たちも、みんな気の毒です。
ファンが、もっと気持ちよく楽しく応援できるアイドルに生まれ変わることはできないのでしょうか。

もう、十分稼ぎましたよね…?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

AKBグループメンバーのブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース