スポンサーリンク
新着ニュース

ついに船越英一郎サイドが反撃か!弁護士3人態勢で名誉棄損での訴訟を本格的に検討開始!

連日の動画での大暴露に、ネットも少々食傷気味になりつつある、松居一代さん(60)と船越英一郎さん(56)の離婚トラブル
松居さんが大暴露祭りを繰り広げる中、沈黙を守り続けている船越さんサイドですが、ついに反撃に出ることを決めたようです。
船越さんのために所属事務所は3人の弁護士を雇い入れ、名誉棄損での訴訟を本格的に検討し始めたというのです。
ますますの泥沼化、スタート…ということになるのでしょうか。→ Geinou Ranking

生誕100年記念 松本清張スペシャル::書道教授 [ 船越英一郎 ]

にほんブログ村 芸能ブログ

次々と動画で暴露を続ける松居さん。
7月16日までに4回にわたって公開された『別宅の真相』では、船越さんが松居さんと暮らす自宅を出て、徒歩1分のところにあるマンションに移り住んだ経緯が暴露されました。

簡単に言うと、松居さんが「大宮エリー」と署名の入った手紙を自宅で発見、どう見てもラブレターだと思ったらしい松居さんは激怒、弁護士を通じて大宮さんサイドに抗議の手紙を内容証明で送付。
それに対して大宮さんサイドはA4用紙13枚にわたる返事を送ってきたものの、謝罪の言葉ではなかったために松居さんはさらに激怒。
再び内容証明を送り付け、大宮さんサイドの弁護士と、なぜか松居さんの弁護士ではなく松居さん本人が会談して落とし前のつけ方を検討。
大宮さんに、松居さん縁の高校で特別講座を開いてもらうことで決着をつけようとするも大宮さんがとんずらした、ということでした。
で、そんなラブレターを受け取って家に持って帰ってきた船越さんにも激怒した松居さんは、自らの会社の役員をやってもらっていた船越さんを退職金を支払うことなく解任、さらに家から出ていくように通告し、松居さん自ら探した物件に船越さんを住まわせることにした…というのが、松居さんが主張する『別宅の真相』です。

以前作った、松居さんと船越さんの年表に、この松居さんが主張する“真相”を落とし込んでみました。

86年 松居がDCブランド社長と結婚
89年 長男誕生
96年 松居が前夫と離婚
01年6月 松居と船越が入籍
04年11月 船越椎間板ヘルニアで入院(病院でDV)
07年3月 船越英二さん死去(暴言)
08年 船越糖尿病が発覚
09年 松居、船越が女性にメールしたことに激怒、靴で殴りつける
10年2月 船越の妹・洋子さんが自死(暴言)
<動画『別宅の真相』より追加>
10年9月23日 大宮エリーからの手紙を松居が発見
10年9月28日 船越、松居の会社の役員辞任を通告される
10年9月29日 松居の代理人弁護士が大宮に内容証明を送付
10年9月末 船越、役員を辞任、家から出ていくように松居から宣告される
10年10月5日 大宮よりA4用紙13枚にわたる手紙が届く
10年10月8日 謝罪の言葉がなかったため2度目の内容証明を送付
10年10月 松居と大宮の代理人弁護士で話し合い、大宮に社会貢献をしてもらうことで謝罪に変えることを決定するも実行されず

10年10月ごろ 船越ホテル暮らしをスタート
11年10月 船越自宅から100mのところに別宅購入。別居報道
12年 松居、DVを止めに入ったマネジャーにハサミを振り下ろす
12年4月 船越が沢尻エリカとのドラマラブシーンを事後報告したことに松居が激怒し、夫婦げんかに発展
15年春 船越バイアグラを飲み始める
15年4月 長男が社会人に
15年10月 船越と故・川島なお美の関係を松居が暴露
15年10月 松居が船越に「離婚会見を開く」と通告(実際は開かれず)
15年11月 船越が松居に離婚の意思を伝える・完全別居スタート
16年1月 女性セブンが離婚報道。松居は神社で離婚否定会見
16年4月 松居の前夫が死去
16年5月 離婚についての話し合い・松居「来年2月まで待ってくれれば話し合いに応じる」
16年10月11日 船越ハワイで女性と密会
17年4月3日 船越MC『ごごナマ』スタート
17年4月19日 松居自殺未遂騒動
17年4月22日 松居ブログ更新ストップ
17年6月 松居週刊文春とともにハワイへ
17年6月27日 松居ブログで「1年5カ月尾行されている」と明かす
17年6月28日 船越代理人が離婚調停申し立て
17年7月4日 松居動画で船越と週刊文春を告発
17年7月6日 週刊文春発売

さて、ここまで沈黙を続けている船越さんサイドですが、ついに反撃に出ることを決意したようです。

(以下引用)
松居さんが次々と暴露動画をアップしても船越さんは、
『火に油を注ぐようなことはしたくない』
と名誉棄損で訴えることには消極的でした。
でもそれも限界です。
船越さんの周囲は怒り心頭。
所属事務所も3人の弁護士を雇って臨戦態勢のようです
」(芸能プロダクション関係者)
(以上引用 女性自身)

まあ、普通は激怒しますよね…。
ここまで船越さんが黙っているのも、松居さんの激情型の性格を知り抜いているから、でしょうし、もっと早く動き出してもおかしくなかった話です。
上記『別宅の真相』に出てきた大宮さんなんて、完全にもらい事故ですからね。
まあ、松居さんの性格であればあの手紙がラブレターに思えても仕方ないのかもしれませんが、友情の範囲内、に思えますよね。
多少超えているようにも見えなくもないですが、この手紙だけであれば、とりあえずは静観、ひそかに夫の行動を注視しつつ、浮気しづらいようにすべての下着をピンクのハート柄に代えておく、くらいじゃないでしょうか。

それはともかく、ついに弁護士を雇って反撃に出ることを決意した船越さんサイド。
実は反撃するのはこれが初めてではなく、松居さんが暴露動画をアップし始めてすぐに、松居さんの公式ブログに閉鎖危機が浮上したことがありましたが、あれはやはり、船越さんの所属事務所からの要請を受けてサイバーエージェントが動いたものだったそうです。

(以下引用)
「これまで主戦場としてきた2時間ドラマの枠が縮小傾向にあるなか、船越さんは4月から情報番組のMCに挑戦しています。
評判も上々で『次はウチの番組でも使いたい』との声も出ていたのですが、今回の件で起用を見送る動きが続出。
本業の俳優業や広告契約などにも影響が出かねない状況
です。
そのため事務所は松居さんにくぎを刺したのでしょう」(芸能関係者)
(以上引用 女性自身)

松居さん、ブログの該当エントリだけではなく、当時アップしていた船越さんを糾弾する動画も全部削除されましたもんね。
しかし、この騒動はすでにネットをこえて、テレビのワイドショーでもガンガンに映像が流れる状態になってしまっていました。

(以下引用)
テレビ局はこぞって松居さんの動画を取り上げてきました。
視聴率はうなぎのぼりで、バブルと言われるほど盛り上がっていたのです。
でも削除要請翌日から、局の上層部から『自粛するように』とお達しが出た。
そのため予定していた企画を見送る番組も出ました
」(テレビ局関係者)

一部では、船越の所属事務所がテレビ局に「動画の使用を控えてほしい」と“お願い”したとの報道も。
“火消し”は見事に成功したのだ。

初回は300万回近くあった動画の再生数も、各局が自粛し始めたことにより激減。
9日にアップした動画は20万再生に止まっています。
またこれまで“バイアグラ男”と激しく船越さんをののしってきた松居さんも、表現をトーンダウン。
一転して船越さん側が主導権を握ったとも言われ始めました
」(前出・芸能関係者)
(以上引用 女性自身)

松居さんが週刊新潮を糾弾した動画などはテレビでもガンガン流れてましたから、おそらく松居さんがそれ以前に上げていた、船越さんを糾弾する動画を流さないように自粛した、ということなんでしょうね。
確かに、現在松居さんの公式チャンネルに残っている動画の中では、第1弾の週刊文春に騙された、という動画が300万再生を超えているだけで、11日にアップした新潮を叩く動画は50万再生に届いていません。
ただ、これで終わらなかったんですよね…。
松居さんは13日に『別宅の真相』シリーズのアップを開始。
これは第1弾から4弾まで公開されてますが、第1弾は150万再生を超えています

(以下引用)
松居さんは船越さんが欠いたとするノートやパスポートも持っていて、動画で公開しています。
パスポートは再発行ができないため、船越さんは海外ロケにも行けない状況。
これらはすべて、船越さんが別宅に置いていたものを無断で持ち出したそうです。
船越さんが被る損失は1億円近いとも言われており、松居さんは裁判を起こされることもありうるでしょう。
でも彼女はお金を持っているため、そんなもの怖くない。
“1億円を取られたとしてもバイアグラ男を抹殺したい!”という執念が彼女を突き動かしているのです
」(スポーツ紙記者)
(以上引用 女性自身)

可愛さあまって憎さ百倍、というところでしょうか。
実は、騒動が公になる前から船越さんのマンションでは不審な現象が続いていたそうで…。

(以下引用)
騒動前、船越さんが住む別宅マンションで郵便物がなくなっていたそうです。
船越さんも『何かおかしいな?』と思ったみたいで、ポストに設置された監視カメラを確認したと聞きました

さらに現場ではこんな“恐怖の目撃証言”も……。

今年5月の早朝でした。
松居さんが船越さんの別宅マンションにいて、ポストを漁っていたんです。
夫婦なので問題ないのかなと思いましたが、念のため船越さんに伝えました……
」(近所の住人)
(以上引用 女性自身)

この行為、窃盗に当たるんじゃないかと思うんですが、二人は戸籍上夫婦ですので、『親族相盗例』という刑法上の規定により、刑を免除される可能性が高いのだそうです。

※『親族相盗例』とは…。
親族間で発生した一部の犯罪行為またはその未遂罪については、その刑罰を免除し(刑法244条1項)、または親告罪とする(刑法244条2項)ものである。
この規定が適用されるのは、窃盗罪(刑法235条)・不動産侵奪罪(235条の2)・詐欺罪(246条)・電子計算機使用詐欺罪(246条の2)・背任罪(247条)・準詐欺罪(248条)・恐喝罪(249条)・横領罪(252条)・業務上横領罪(253条)・遺失物等横領罪(254条)とそれらの未遂罪である。
器物損壊罪(261条)には適用されず、また強盗罪(236条)についても適用はない。
(Wikipediaより)

女性自身に登場する弁護士さんによると、2年以上別居しているためプライバシーが確立しており、マンションに無断で入る行為は住居侵入罪に当たる可能性があるとか。
また、松居さんが上げ続けている動画が名誉棄損に当たる可能性も高い、とのこと。
とにかく、お金なんかいらないから早く離婚したいと思っている様子の船越さん。
離婚調停申立書にも、財産はいらないと明記されている、との報道もありました。
しかし、離婚カウンセラーの岡野あつこさんによると…。

(以下引用)
財産分与を求めた方が早く離婚できることも多いと、弁護士からも聞きました。
付け入るスキを与えると相手はどんどん攻めてくる。
だからあえて財産を半分要求することで、相手を黙らせるのです。
名誉棄損など、相手にとって不利な状況も同じです。
訴えることでこちらの主張は通りやすくなるでしょう

(以上引用 女性自身)

うーん。
でも、松居さんはそもそも離婚そのものには応じているというか、船越さんについて、未練はない、欲しい人がいるならくれてやると動画でも語っています。
そういう人が相手だと、普通の手はなかなか通用しないような気もしますよね。
ちなみに、松居さんはかつて、女性自身の取材に「動かしている投資額は25億円」だと明かしているそうです。
この投資は、もちろん船越さんと結婚した後にしたものであり、当然夫婦の共有財産。
船越さんには、その半分を請求する権利があることになるわけです。

(以下引用)
投資額だけを見ても、船越さんは約13億円を要求できることになります。
離婚調停が不調に終われば裁判になりますから、その際に船越さん側が一転して財産分与を求める可能性もあると思います。
というのも実は船越さんについている3人の弁護士が、名誉棄損での訴訟を本格的に検討しているそうです。
攻勢に出ることで、早期解決を図りたいのでしょう
」(前出・芸能プロダクション関係者)
(以上引用 女性自身)

どうでしょうね。
この作戦、逆に状況がこじれる可能性もありそうですが…。
なんといっても、投資額だけで25億円という資産を持つ松居さんです。
例えば、船越さんが名誉棄損で訴えたとして、損害額として1億円、慰謝料としてプラスアルファを要求したとしても、あっさり払えてしまうんですよね。
財産分与なんて求めたら、当初松居さんが動画で主張していた、浮気相手と2人で私の財産を奪い取ろうとしている、という疑惑が本当だったのか、という印象を与えてしまいかねません。
どちらにしても、泥沼ですよね…。

どう転んでも泥沼にならざるを得ないなら、少しでも自分が有利になるように動くしかありません。
3人の弁護士団を引き連れて、船越さんサイドがどんな手を打っていくのか、今後の展開に注目ですね。
松居さんがさらなる暴露に及ぶのかも合わせて…。

※ぜ、全部カツラ…!?
松居一代が7年前に起こした“段ボール騒動”クッソワロタwww船越赤面不可避www
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

松居一代のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース