スポンサーリンク
新着ニュース

松居一代の銭ゲバぶりを元スタッフが暴露!領収書の偽造や架空経費計上での脱税疑惑が浮上、悪質な場合は刑事罰も

松居一代さん(60)に脱税疑惑が報じられました。
複数の元従業員、取引先関係者から、領収書の偽造・改ざん、架空経費計上の証言が得られたというのです。
また、松居さんはその資産30億円以上といわれているわけですが、夫であり、現在離婚問題が泥沼化している船越英一郎さん(57)のギャラの大半は松居さんの手に渡っていたそうで…。
生活費から息子の学費まで、ほとんど船越さんの口座から引き落とされていたとか。
「カネ、カネ、カネ…」の銭ゲバぶりを暴露されてしまっています。→ Geinou Ranking

松居流 マネーの掟【電子書籍】[ 松居一代 ]

にほんブログ村 芸能ブログ

連日の“松居劇場”にも少々食傷気味になってきた今日、週刊文春がちょっと変わった方向から松居さんについて報じています。
松居さんといえば、もともとは女優なわけですが、現在は女優としてより実業家・投資家として有名です。
マツイ棒”が話題となっておそうじ本が大ヒット。
松居さんのもとには、印税が1億円以上入ったといいます。
その後はキッチン用品のプロデュースを手掛け、圧力鍋は160億円を売り上げる大ヒットとなり、包丁も売れに売れました。
投資家としては、松居さんはバブル真っただ中の30年以上前から活動しているそうで…。

(以下引用)
総資産は実際に30億円前後あります。
彼女はいわゆる株取引には手を出さないし、自宅以外の不動産も持っていない。
主な投資は外貨投資や他の商品で、月に1500万から2000万円を超す利息を得たこともある。
大手、ネット系など、複数の証券会社に証券口座を保有しており、有名なプライベートバンカーとも親しい。
またジェット機のリース案件には2億円ほどつぎこんでいます

(以上引用 週刊文春)

とにかくお金持ちだということは、ご本人がたびたび主張されている通り、ということのようです。
そんな松居さん、現在はユーチューバーとしても有名になりましたが、これがお金目当てだという批判はきっぱりと否定されました。
松居さんの動画には、確かに広告は入っておらず、どれだけ再生回数が伸びても松居さんには一円のお金も入りません。
しかし、一連の騒動で連日アクセスランキング1位を記録しているアメーバブログのほうは別。
しっかり広告が貼られているといいます。

(以下引用)
ブログを運営するサイバーエージェントの担当者は本誌の取材にこう答えた。
松居さんがブログに広告を導入されているのは事実です。
当社はアクセス数に応じた報酬や月額固定での報酬の支払いなどは行っておりません。
ブロガー様のご要望に応じ、そこでの広告収益を還元しております」
(以上引用 週刊文春)

このブログでどれくらいの広告収入があるのかというと…。

(以下引用)
トップクラスの海老蔵さんで月に500万円以上の収入があるといわれています。
松居さんも同等か、上回っている可能性は十分にあるでしょう
」(ITジャーナリスト・三上洋氏)
(以上引用 週刊文春)

500万円といえば、サラリーマンの年収といってもいい額ではありますが、総資産30億円の松居さんにしてみたらはした金、という気もします。
しかし、松居さんのおカネに対する執着心、すごいんですよね。
いえ、もちろん、今回文春が書いていることが本当であれば、ということなんですが。

例えば、夫である船越さんのギャラ。
松居さんは、ブログで
「通帳も管理なんかしていません」
と否定しましたが、実は厳しく管理していた、と、松居さんの事務所の元従業員が暴露しています。

(以下引用)
船越さんは松居さんに通帳と印鑑、キャッシュカードをすべて預けていました。
松居さんは、船越さんにクレジットカードを自由に使わせていましたが、カード会社の明細で彼の行動を把握するためでした

家族3人で外食する際、船越に支払わせようとするため、レストランで2人が言い争う場面も頻繁にあったという。

『お金は全部渡しているのに、おかしいじゃないか』
と船越さんが言っても、松居さんが
『うるさい!』
と一喝。
しかも結婚当初は、こうした食事代の領収書を松居さんが持ち帰って自分の経費として申告していました
」(同前)
(以上引用 週刊文春)

すごい話ですよねぇ。
松居さんが投資を始めたのは30年以上前、船越さんと松居さんが結婚したのは01年ですから16年前。
つまり、当時すでに松居さんは莫大なお金を持っていたことになります。
それなのに、船越さんのギャラをすべて懐に入れた上に外食の際の支払いも拒否とか、すごすぎます。
ちなみに、これについては松居さんはブログできっぱりと否定しており、船越さんからは毎月50万円しかもらっていなかった、と書いています。
しかし、上記の元従業員はそれもウソで、実際は船越さんのギャラの大半が松居さんの手に渡っていたと話しています。

(以下引用)
船越さんが生活費だけ払うようになったのは、離婚の話し合いが始まってからです。
結婚当初から11年に大宮エリー氏とのトラブルが起きるまで、船越さんは毎月、100万円以上のギャラを彼女に渡していた。
その後も毎月の生活費のほか、長男の学費のほとんどが船越さん名義の口座から引き落とされていました。

15年10月ごろから離婚について話し合うなかで、別居もしていたし、松居さんが
『お金も要らないから別れたくない』
というので、1年間、船越さんは生活費を支払わなかった。
すると1年後、彼女は、
『未払い分を支払え』
と要求してきた。
驚くべきことに現在も船越さんは生活費を支払い続けている
のです」(同前)
(以上引用 週刊文春)

船越さんが今も生活費を支払い続けているのは、おそらくなるべく穏便に離婚するため、でしょう。
夫として生活費の負担という義務を果たさない状態で離婚調停や裁判に臨むと、不利になるんですよね、確か。
ただ、この夫婦の場合は妻のほうが収入が多い節があるので、必ずしも船越さんが生活費を負担しなければならないということはなさそうですが、船越さん、余計なトラブルはなるべく減らしたいんじゃないでしょうか。
なんかもうホントお気の毒です…。

さらに、今回の離婚騒動の中で松居さんが自殺未遂騒動を起こしたことがありました。
その際、松居さんが船越さんに1億円を要求した、という話があったんですが…。

(以下引用)
「今年4月、松居は2度にわたって“自殺未遂”騒動を起こしているが、その際、松居は船越に対して、
『死んでほしくなければ、1億円の投資信託を解約して私の口座に振り込みなさい』
と要求
した。
その1億円を奪えば、船越の資産が底をつくと考え、投資で運用する準備も進めていた。
船越は一旦、証券会社で解約申し込みをしたが、顧問弁護士などの説得で、翻意。
すると松居は激高し、船越を激しく攻撃し始めたため、二人は直接連絡を取らなくなったのです」(船越の知人)
(以上引用 週刊文春)

これ、全部本当だったとしたら、松居さんという人はどこまでも「カネ、カネ、カネ」の人なんですねぇ…。
あってもあっても足らないんでしょうか。
あってもあってももっと欲しい、なのでしょうか。
ある意味、気の毒ですよね、こういう人生も。
ここまでは、まあ人道的にはどうなんだという話ですが、法律的にはさほど問題にならなさそうな話です。
上記、船越さんに支払わせた家族3人での食事の領収書を自分の経費として計上した部分くらいでしょうか、ヤバそうなのは。
この先は、もっとヤバい証言が、別の元スタッフから寄せられています。

(以下引用)
別の元スタッフは、松居による「領収書の偽造・改竄」を告発する。

残業手当や泊まり勤務の領収書を書かされたことがありました。
もちろんお金は受け取っていません。

また彼女は、スタッフや知人にも頼み込んで、あらゆる領収書をかき集めていた。
スタッフがタクシーに乗るときは必ず2枚もらうよう指示する。
千円でも2千円でももらえる時は必ずもらう。
彼女にはタクシーのお抱え運転手がおり、他の乗客の領収書をくれるよう頼んでいました

同様の証言は複数の元従業員、取引先の関係者からも得られた。

悪質なのは、取引先にスタイリストや衣装代などの架空の領収書を書かせて毎月のように提出させていたことです。
自分の仕事だけでなく、船越さんの仕事相手にまで頼んでいたことに呆れました。
また冠婚葬祭の連絡が来れば、実際にはいっていないのに香典や祝儀を経費として計上したこともあったようです」(別の事務所関係者)
(以上引用 週刊文春)

タクシーに乗ったとき必ず2枚領収書をもらうってどういうことなんでしょうね?
タクシーに乗るときは必ず偽造した領収書を1枚余分にもらってたということでしょうか。
実際に使っていないものを経費として計上する…架空経費です。
税理士さんによると、架空経費計上は無条件で脱税とみなされるのだそう。

(以下引用)
当然、経費としては認められず、その分を除外したうえで申告し直さなければならない。
虚偽の申告が発覚した場合、重加算税が上乗せされるケースもある。
悪質性の度合いによっては、刑事罰が科されることもあるでしょう

(以上引用 週刊文春)

多額の資産があるという松居さん。
ただでさえ注目されているところにこんな話が週刊誌に載れば、税務署が黙っていなさそうです。

動画やブログなどで船越さんを攻撃し続けている松居さんですが、これらの行為は名誉棄損、プライバシー権の侵害に当たる可能性があります。
さらに、、パスポートを持ち出しているため船越さんの仕事に支障をきたしていた場合は業務妨害。
パスポートを持ち出した際は別居中の夫の家に勝手に入っていますので住居侵入罪も可能性あり。
さらに脱税疑惑と、もうなんでしょう、役満ですよね。

※船越さんサイドも反撃を開始しました。
ついに船越英一郎サイドが反撃か!弁護士3人態勢で名誉棄損での訴訟を本格的に検討開始!

いったい、この騒動はどこに向かって突き進んでいくのでしょうか。
当分、落ち着くことはなさそうですね。

船越サイドの“提訴準備”を知った松居一代の反応wwwwww
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

松居一代のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース