スポンサーリンク
新着ニュース

小出恵介の代わりにディーン・フジオカを熱望!日テレが10月期日曜ドラマの主演にディーンを寄越せと怒鳴りこんだ?

未成年女性との飲酒・淫行騒動で無期限活動停止となった小出恵介さん(33)。
騒動がなければ、今クール放送されている日本テレビのドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日曜夜10時30分~)に出演していたはずでした。。
問題が発覚した際、まだ撮影には入っていなかったため、同じ事務所の賀来賢人さん(27)が代役に入ることで事なきを得たのですが…このドラマが、初回から8.2%と微妙な視聴率となっています。
だからなのか、それは関係なくなのか、日テレは小出さんの騒動の始末をつけるために、同枠の10月クール主演にディーン・フジオカさん(36)を寄越せと事務所に要求しているそうなのです。
ディーンさんの地上波連ドラ初主演は、日テレ日10枠で決定となるのでしょうか。→ Geinou Ranking

ドラマはぴまりフォトブック 主演:ディーン・フジオカ【1000円以上送料無料】

にほんブログ村 芸能ブログ

連日の松居劇場で、それ以前の芸能ニュースをうっかり忘れがちですが、そういえばつい最近でした。
小出さんの未成年女生徒の飲酒・淫行騒動。

小出恵介、未成年淫行騒動の大きすぎる代償!ドラマ、映画、CM…3億円を超えそうな巨大損失に事務所も顔面蒼白!
小出恵介の淫行相手特定!?フライデーに掲載された同じ写真をツイートしていた!「カッコよかったよ~う。笑」

6月の初めのことでしたから、まだ2カ月たっていないんですね。
なんだか、ずいぶん昔のことのような気がしてしまいます。
それはともかく、小出さんの抱えていた仕事はあまりに多く、大きく、業界的にはかなりな大事件でした。
このドラマ『愛してたって、秘密はある。』は撮影開始前だったので代役で事足りましたが、すでにすべての映像を撮り終え、今夏ネット配信予定だったドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』(Netflix)は配信が延期、代役を立てて撮り直すことが発表されるなど、各所に大きな影響が出ました。
その損害賠償額は、10億円だ、いや15億円だと、とてもじゃないですが個人で支払えるわけのない額となっている模様です。

※いろんなところに影響が…
NHKが小出恵介に感謝!不祥事を交渉材料に早くも紅白出場が内定しそうなBABYMETALとONE OK ROCK
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

さて、撮影開始前だったので代役で事足りたはずの『愛してたって、秘密はある。』ですが、実は日テレは代役だけでは満足しなかったようなのです。

(以下引用)
「現在、調整中で最終的なジャッジはまだ出ていません。
日テレは10月期の日曜ドラマの主役にディーンを起用したいと、現在ゴリ押ししている。
不祥事を起こした同枠で始末をつけるべきと、プロデューサーが怒鳴り込んだ
というんです」(芸能関係者)
(以上引用 週刊実話)

穏やかではない話です。
小出さんの所属事務所は、アミューズという業界でも最大手の事務所の一つです。
確かに日テレは迷惑をかけられたかもしれませんが、そうそう上から怒鳴り込めるような事務所ではないはずなのですが…。
やはり、このドラマの視聴率があまり振るわないことも一因なのでしょうか。
初回8.2%というこの数字、この枠の初回としては最低の視聴率なんですよね。
まあ、小出さんが出ていたらもっと視聴率が取れたのかといえば、小出さんは別に主役ではありませんし、数字の責任を負わされる立場ではなかったわけですが。
この、ディーンさんを起用したいという日テレの申し出、事務所の反応はというと、実はあまりうれしくないようなのです。

(以下引用)
ディーンにとって初の地上波連ドラ主演とはいえね…。
実際、事務所は彼を、次世代を担う俳優として大切に育てたい希望がある。
本音は、NHK連続テレビ小説『あさが来た』でブレイクしたこともあって、クオリティーの高いNHKの連ドラを受けたかったそうです
」(事務所関係者)
(以上引用 週刊実話)

ディーンさん、まだ地上波連ドラでの主演は務めたことがないんですね。
Wikipediaによると、ドラマで「主演」となっているのは、16年7月にNHKで放送された特集ドラマ『喧噪の街、静かな海』のみとなっています。
初の連ドラ主演は話題にもなるでしょうし、大切にしたいところ、という事務所の思いもわかりますね。
事務所にとっては、上記でも触れましたが、今放送中の『愛してたって、秘密はある。』の視聴率が初回として最低視聴率を記録したことも不安要素となっているようです。
それだけではなく…。

(以下引用)
しかも、この日曜枠は予算が2000万円。
3000万円の水・土曜ドラマに比べて、局内のポジションも認知度も低いんです
」(日テレ関係者)
すべてがないない尽くしのため、出演料も低めに抑えられているという。
ディーンに対し日テレは1本当たり80万円~。
ヒロインには武井咲の名前が挙がっていますが、こちらも60万円~程度での交渉になった
そうです。
他局なら2倍は出すと思います」(前出・芸能関係者)
(以上引用 週刊実話)

主演としての実績がないとはいえ、80万円とはなかなか激安な感じですね。
しかもヒロイン武井さんですか…。
武井さんといえば視聴率は微妙、というイメージですが、、今クール主演しているテレ朝の『黒革の手帖』が第1話11.7%、第2話12.3%と思いがけずいい結果が出ています。
これがこのまま右肩上がりでヒットすれば、来クール、続けてヒロインとなれば注目度は上がりそうです。
ディーンさんファンとしては、主演するディーンさんを早く見たいところではあるでしょうけども、果たしてこの話、実現するのでしょうか。
現状、難しそうな感じに思えますが…。
正式発表が楽しみですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ディーン・フジオカのブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ