スポンサーリンク
新着ニュース

宮迫博之、不倫騒動で広告業界のブラックリスト入り濃厚か…アフラックがNGを突きつけたことで流れが変わった

不倫疑惑が報じられた雨上がり決死隊宮迫博之さん(47)がピンチに陥っています。
魔が差したけど、相手に断られたので未遂です、と釈明し、その直後に上原多香子さんの不倫疑惑が報じられたことでなんとなく世間の目もそらされ、なんとなくこのまま、これまで通り芸能活動を続けていくのかと思われたのですが…。
今になって、アフラック宮迫さんが出演するCM動画を公式サイトから削除したのです。
どうやら契約が解除され、違約金も発生しているようだとも報じられ、広告業界の流れも変化。
それまで“おとがめなし”という空気だったのが、一転ブラックリスト入りの可能性まで浮上しているというのです。→ Geinou Ranking

※今後の流れによってはこの番組もピンチ…?

アメトーーク 39 [ 雨上がり決死隊 ]

にほんブログ村 芸能ブログ

宮迫さん出演のアフラックのCMは、テレビ放送は昨年で終了していました。
今回削除されたのは、公式サイトで公開されていたものとなります。

(以下引用)
広告契約は、テレビ放送期間だけではなく、付帯するものを包括的に結びます。
たとえばCMが終わっても、タレントの顔が掲載されたポスターをすぐに撤去しないこともありますからね。
ネット動画が削除されたということは、おそらく契約そのものが途中解除になったのでしょう。
そうなると、違約金も発生するのが通例
」(広告代理店関係者)
(以上引用 日刊サイゾー)

この件については、スポニチがこう報じています。

(以下引用)
保険大手のアフラックが、不倫疑惑騒動を起こした「雨上がり決死隊」宮迫博之(47)とのCM契約を解除したことが16日、分かった。
広告関係者によると、CMは単年契約とみられ、1000万円以上の契約料を返還する可能性がある
同社は宮迫を14年9月からCMキャラクターに起用。
12年に胃がんを患った宮迫が、櫻井翔(35)との対話を通じて、がん保険をPRする内容で昨年6月までテレビCMで放送。
その後は同社ホームページ上で動画が公開されていた。広告関係者は

宮迫さんクラスだと年間のCM契約料は2000万円以上になる。
通常は契約解除になると日割り計算で契約料を返還。
これからの話し合いですけど、1000万円以上は返すことになりそうです

と話す。
(以上引用 スポニチアネックス)

実際には返還額はもっと膨らむのではとの予測も浮上しています。

(以下引用)
「実際には1000万円どころで済まないでしょう。
CM契約は年更新で今年3月から次の3月までで、今はまだ五ヶ月しか経っていない。
日割りで賠償金を支払いますから仮に契約が2000万だとしても、それだけで1200~1300万。
さらに宮迫と櫻井で撮ったポスターやパンフレットの回収費用など実費として数千万円は請求されるのが通例
です」
(以上引用 デイリーニュースオンライン)

この予測だと、契約金を大幅に超える額の賠償金を支払うことになりますね。
この、アフラックによる契約解除が業界に大きな影響を与えそうだといいます。

(以下引用)
「11日の『バイキング』(フジテレビ系)の時点ではテレビ関係者は『みそぎは終わり』と思っていたが、アフラックがNG宣告したことで一斉に手の平返しの動きがある。
CMクライアントが宮迫への厳しい立場を明らかにしたことで、スポンサー企業全体に”宮迫NG”の空気が広がり、それが番組制作陣にも影響する。

宮迫は”第2の河本準一(42)”の道をたどるかもしれません。

イラっとくる韓国語講座 vol.4 パングー誕生編  ~韓国お笑いステージに出ちゃ…出ちゃったセヨ!~ [ 河本準一 ]


河本のケースも最初に『女性セブン』(12年4月12日発売)で親族の生活保護不正受給が報じられた当初は本人も強気で、1ヶ月以上も通常にテレビ出演していたが、国会議員までが批判するようになって風向きが変わり露出が減っていった。
両者ともSNSで一般ユーザーと喧嘩するなど好戦的な性格で、炎上を招きやすいキャラクターというのも共通しています」(プロダクション関係者)
(以上引用 デイリーニュースオンライン)

今は、視聴者がテレビ局ではなく直接スポンサーにクレームを入れる時代ですからね。
広告業界が手のひら返しで宮迫さんを排除にかかると、テレビ局も番組への起用をためらわざるを得ないのでしょう。
広告業界がこうして厳しい対応をするのには、宮迫さんの弁明にも問題があったからだ、ともいわれます。

(以下引用)
宮迫さんは、広告業界のブラックリスト入りすると思う。
こうした事態になったのは、不倫報道そのものだけでなく、宮迫さんの弁解の中に“アウト”なキーワードがあったから
です」(同)
(以上引用 日刊サイゾー)

宮迫さんの弁明がどのようなものだったのか、引用してみます。

(以下引用)
番組で事実かを確認された宮迫は「事実です」と認め、複数での飲み会の後、それぞれホテルで2人きりで飲み直すことになったと経緯を説明。
できるかもと、魔が差しまくった」といい、関係を迫ったが、女性からは不倫騒動に揺れる芸能界を例に「このご時世にそれはダメ」と言われたと告白。
フテ寝した。それが3回繰り返されて。一線は越えていない」と主張した。
2002年、11年にも不倫疑惑を報じられただけに、2歳上の妻には「何回目や!!」と激怒されたといい、「『ごもっともです』という言葉を一生分言った」と苦笑い。
関係者によると、恐妻家で知られる宮迫は妻に報告後、3日間は家を閉め出されたようだ。
(以上引用 サンスポ)

さて、この中のどれが“アウト”なキーワードなのか…わかりますか?

(以下引用)
「中途半端な弁解ですが、まず問題は『魔が差す』という部分。
ときどき悪さをしてしまうと自ら認めたもので、こうなると我々は企業側に『問題のない人物です』とプレゼンできない。

さらにまずいのは、奥さんから『何回目や』と言われた話。
常習者だと明かしてしまっています。
これでは今後も危なくて、宮迫さんを広告塔として取り扱えない
んです」(同)
(以上引用 日刊サイゾー)

なるほど、言われてみればそうとも取れますね。
宮迫さんのCMへの露出は、一時的なのか、今後ずっとなのかはわかりませんがとりあえず減る方向になってしまうようです。
となると、問題は宮迫さんが出演するテレビ番組の方です。
宮迫さんは現在、雨上がり決死隊としての冠番組も持っています。
これらは今後どうなってしまうのでしょうか。

(以下引用)
宮迫は雨上がり決死隊として3本の冠番組を抱えています。
これらの番組で宮迫を降板させるとなると、番組名の変更か番組の打ち切りを迫られる恐れが高い
はず。
雨上がりのナニモン!?』(関西テレビ)と『雨上がりの「Aさんの話」』(朝日放送)は放送開始から1~2年なので影響は少なめですが、15年目を迎えた長寿番組の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、同局の番組編成に関わる大騒動となりかねません」(前出・芸能ライター)
(以上引用 アサ芸プラス)

『アメトーーク!』の打ち切りは、人気番組だけにかなりな衝撃となりそうですが…そこまで発展するでしょうか。
例えば、同じく不倫で大騒ぎになったベッキーさんは出演するすべての番組を降板、CMもすべて打ち切りになって謹慎しましたが、彼女の場合は不倫そのものというより会見まで開いて嘘の釈明をしたことが後に判明したことが大きく影響しました。

ゆめの音色 music life [ ベッキー ]


仲間由紀恵さんの夫・田中哲司さんは、不倫が報じられましたが、会見すらすることはなく、所属事務所を通じてコメントを発表しただけでその後も普通に芸能活動を続けています。
渡辺謙さんは、遅くなったことで批判を浴びつつも謝罪会見を開くことで、強引に、という感はありつつも騒動をとりあえずは終わらせました。

許されざる者【Blu-ray】 [ 渡辺謙 ]


お笑いに近い方でいうと、三遊亭円楽さんも不倫が報じられましたが、こちらも謝罪会見を開いて騒動は終了、現在も普通にテレビに出ていらっしゃいますね。

[DVD] 六代目三遊亭圓楽襲名記念 三遊亭楽太郎 十八番集(三) 明烏/芝浜


※こ、こんなに…!
不倫した芸能人【90人】 まとめました
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

まあ、しょせん不倫ですからね。
覚せい剤や性犯罪などの犯罪行為とは重さが違います。
覚せい剤で逮捕された人ですら許されて芸能活動を再開しているのに、不倫しただけでブラックリストというのも、考えてみれば妙な話ではあります。

妙な話のような気もしますが、今は世間が不倫というものに非常に敏感になっている、というのもまた事実。
今この時期に不倫に足を踏み入れるリスクを、人前に出る仕事をしている方はもう一度よく考えるべきなのかもしれません。

さて、『アメトーーク!』が打ち切りの憂き目を見てしまうのか、宮迫さんのみしばらく謹慎とか、おとがめなしという穏便なところに落ち着くのか、すべては今後の視聴者の動き次第でしょう。
打ち切りという感じではなく、もう少し先の番組改編で終了という形がとられるかもしれません。
しかし『アメトーーク!』の打ち切りはテレ朝にとってかなりなダメージになるでしょうし…さて、どうなりますでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

宮迫博之のツイッターはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース