スポンサーリンク
新着ニュース

フジテレビが上原多香子の不倫騒動を扱いたがらない意外な事情が判明!裏には西内まりやのあの爆死ドラマの存在が!?

ダウンタウン松本人志さん(53)がツイッターで
しゃべっても。謎の事情でカットされ。。。
とつぶやいていたことから発覚した、フジテレビの上原多香子さん(34)不倫騒動に関する態度が話題となっています。
なぜ、松本さんに嘘をついてまでこの件を扱わせまいとしたのか、その裏に意外な人物がいることが明らかとなりました。
それが、上原さんと同事務所所属の西内まりやさんだというのです。
いったいどういうことなのでしょうか。→ Geinou Ranking

※西内さんといえば…

突然ですが、明日結婚します Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 西内まりや ]

にほんブログ村 芸能ブログ

ことの発端は、8月15日の松本さんのこんなツイートでした。


何についての発言なのかネットでも物議をかもしましたが、20日に放送された『ワイドナショー』で、松本さんはこれが上原さんの不倫騒動についてだったことを明かしました。

松本人志、フジに怒り 上原多香子の話題カットに「触れないと恥ずかしい」

(以下引用)
前週にあたる13日放送回で、上原の騒動に関しては触れられなかったことについて松本は、実際は番組側でカットされていたことを明らかにした。
同収録前にスタッフから松本へ「上原本人がコメントを出していないこと」「週刊誌が一誌しか扱っていない」という理由から、本件を扱わないという申し出があったという。
しかし松本は、一見タブー視されがちな話題についても、逃げずに取り上げていきたいという姿勢から、スタッフに相談の上「当たり障りのない話」を収録内でコメントしたのだという。

結果的にはカットになり、『上原の件はフジで扱わないとなった』と松本に説明したようですが、同局の『とくダネ!』では本件を扱ったんです。
それに松本は怒りを示した。
松本に対する、あまりのツメの甘い応対に周囲の関係者も苦笑いだったとか
」(芸能関係者)
(以上引用 デイリーニュースオンライン)

なんともお粗末な対応ですよね。
松本さんは『とくダネ!』なんか見ていないと思っていたのでしょうか。

しかし、上原さんの不倫騒動については本当に不自然なくらいワイドショーで取り上げられることがありませんでした。
ベッキーさんとゲスの極み乙女。川谷絵音さんのときなんか、これ以上ないくらい盛り上がって連日取り扱っていたというのに…。

ただ、テレビがタレントによってあからさまに態度を変えるのは今に始まったことではなく、例えばマギーさんも不倫が報じられましたが、釈明するわけでもなく、ワイドショーもほとんど取り扱わず、いつの間にか騒動は沈静化。
マギーさんは今まで通りの芸能生活を送っています。

I’mマギー [ マギー ]


※ネットは炎上しましたけど…。
不倫が報じられたマギー『ヒルナンデス』強硬出演に批判殺到!同じく不倫で炎上したベッキーとの違いは…事務所の力?

上原さんの件も、ワイドショーがあまり報じなかったのは事務所の力なのかという声もネットにはありましたが、上原さんの件は人が亡くなっていることもあり、気軽に扱える話題ではない、ということもひとつあったようです。
そして、フジテレビに関していえばもうひとつ、上原さんの件をあまり報じられない理由を抱えていました。

(以下引用)
「報道しない理由として、上原と同じ事務所に所属する比嘉愛未(31)への配慮があるとか。
比嘉は現在、月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』に出演しています。
本作が高視聴率で月9人気を取り戻しており、メインキャストである比嘉もその一助となっています。
そのため、上原の件をいじることで、事務所との関係を荒立てたくないというのが本音
なのでは」(芸能記者)
(以上引用 デイリーニュースオンライン)

比嘉愛未ファースト写真集『Clear』【電子書籍】[ 比嘉愛未 ]


『コード・ブルー』は、月9としてはもちろん、フジテレビとしても久しぶりのヒットドラマです。
月9枠で放送されたドラマで『コード・ブルー』の前に視聴率2桁を取ったドラマというと、15年10月期『5→9~私に恋したお坊さん』(平均視聴率・11.73%)までさかのぼります。

[DVD] 5→9 ~私に恋したお坊さん~ DVD BOX


現時点での『コード・ブルー』の平均視聴率は14.68%ですが、これを上回ったフジドラマというと、14年7月期『HERO』(平均視聴率・21.27%)までさかのぼらなければなりません。
つまり、『コード・ブルー』はフジにとってはこれ以上ないほど大切な、貴重なドラマなのです。
そのメインキャストに気を使うというのは、確かにあり得る話です。
そして、フジテレビは比嘉さんや上原さんの所属事務所であるライジングプロダクションには大きな借りがありました。

(以下引用)
「上原の事務所には、西内まりや(23)も所属しています。
西内といえば、1月期放送の月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』で主演をつとめました。
キャスティングが難航し急遽抜擢されたのに加えて、視聴率は低空飛行のまま終わり、大コケ作品の烙印を押されてしまいました。
そのためフジテレビとしては、西内をつぶしてしまったという後ろめたさもあるのではないでしょうか
」(前出・芸能記者)

ちなみに西内といえば、月9出演以降目立った活動がない
出演しているCMは放送されているものの、事務所の公式サイトや自身のTwitterも3月で更新が止まっている状態だ。
そんな開店休業中となっている西内だが、ドラマの制作発表の時には海外へ留学する予定だったことを告白している。

西内としては当初の予定通り海外へ行き、引退したいくらいの状態にあるとも言われています。
事務所としてはモデルから女優、そして歌手デビューさせるなどエースとして育てていた存在です。
しかしドラマ・映画・歌といずれもパッとせず、モチベーションが落ちかけたところに、月9ドラマの大コケが拍車をかけたとされているようですね」(同・記者)
(以上引用 デイリーニュースオンライン)

西内さんの件、つい最近報じられてましたね。

完全に売り出しを間違えた西内まりやさん、仕事に対する意欲を失い、彼氏の呂敏(ろびん)と同棲、芸能界引退へw
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

西内さんは、このドラマの直前に主演映画もコケてしまっていました。

西内まりや主演映画『キューティーハニー』が大コケ!ネット「想定内」「当たると思ってたの?」

モデルとしてはカリスマだった西内さんですが、女優に、歌手にと手を広げ過ぎて、何が本業なのかわからない、などとも言われてしまっており、やる気を失ってしまったのも無理のないところかもしれません。
『突然ですが、明日結婚します』というドラマは、キャスティングがギリギリまでもめにもめ、本当にこれ以上遅れたら放送に間に合わないというギリギリのタイミングで何とか撮影に入ったドラマでした。
その原因は、まあフジの低視聴率にあるわけですが…。

松田翔太に続き竹野内豊もフジドラマを辞退!瑛太にも逃げられ1月期月9主演は西内まりやに決定

あれだけバタバタで作ったドラマが大当たりしたら逆にびっくりです。
コケたのはフジの責任であり、西内さんが悪いわけではないのですが、どうしても低視聴率の責任は主演に押し付けられがちですからね。
そんなライジングプロ所属の上原さんの醜聞。
それはフジが最大限に忖度しても仕方ないのかもしれません。

さて、不倫騒動以降、釈明をするわけでもなく、入っていた仕事を終えてその後仕事が入っていなかったためそのまま休養に入ったという上原さん。
夫であるヒップホップグループ・ET-KINGTENNさんが自死するに至った原因だと報じられた阿部力さんとの不倫以外にも様々な噂が飛び交い、収拾がつかない状態になっています。
さらに、TENNさんのご遺族ともめているという噂もあり、しばらくは表舞台に立つのは難しそうです。

上原多香子に”余罪”続々で遺族とも泥沼化?すんなり引退できない深刻事情

ということは、いずれ芸能界に復帰してくる算段だということで、その際には釈明会見なし、というわけにはいかないでしょう。
どのような釈明をするのか、そもそも芸能界復帰なんて可能なのかどうか、いろいろ注目ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

上原多香子のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ