スポンサーリンク
新着ニュース

ヤラセの証拠画像が流出!ナスDこと友寄隆英氏の“一生落ちない”はずの黒肌がまだら模様に!

テレビ朝日系列『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』で、絶対に落ちない果実汁を塗りたくったせいで全身真っ黒になってしまい、“ナスD”の愛称で大人気となっている友寄隆英ディレクター(42)。
この、“一生落ちない”はずの黒が落ち始めており、CG加工でごまかしている…という噂が少し前に報じられました。
今回、女性自身がその証拠写真、CG加工される前のナスDの画像を掲載しています。
落ちてしまった黒を修整する費用、なんと月1千万円とか。→ Geinou Ranking
※ナスDの奥様はこの方。

森崎友紀レシピ付き写真集/for Men【電子書籍】[ 森崎友紀 ]

にほんブログ村 芸能ブログ

友寄Dの肌色が落ち始め、CG加工で黒くする“ヤラセ”が行われているのではないか…という疑惑が報じられたのは、今年8月の初めのことでした。

「陸海空」でヤラセ発覚!ナスDこと友寄隆英ディレクターの肌色が落ちてきて編集で着色加工していることが明らかに

このときは、加工するようになった経緯についてこう書かれていました。

(以下引用)
色落ちしてきてしまっているので、いまは番組の制作会社が、動画に色をつける形で、肌を黒く加工しているようなんです。
加工しだしたのは、7月2日放送のスペシャルから。
その日の放送回でナスDは、過労と泥酔によって気絶してしまうのですが、その気絶のあたりを境にして、加工がされるようになったそうです」(制作会社関係者)
(以上引用 週刊女性)

ところが、今回の女性自身の報道によると、友寄Dの黒色が落ちてしまったのはもっとずっと前からだったそうなのです。
友寄Dがタトゥーの染料となる“ウィト”という果実汁を体に塗りたくって全身真っ黒になる、というシーンが放送されたのが今年5月2日。
その次、5月16日に放送された回では、客船ヘンリー号に乗り込もうとする際に、パスポートの写真と肌の色が違うという理由で乗船拒否にあう、というシーンが放送されました。
このときにはすでに友寄Dの肌色はほとんど落ちていた、というのです。

(以下引用)
「南米ロケは、昨年12月18日~1月10日までと、1月26日~2月16日までの2回行われました。
友寄さんが“ウィト”を塗って黒くなったのは、2回目のロケ中のことです。
ヘンリー号へ乗り込んだのはその1週間ほど後でしたが、じつはそのときにはすでに染料の大半は落ちていました。
しかし友寄さんは
『色が黒い方がネットでバズる(=話題になる)!』
と、部下の編集スタッフに自分の顔をCGで黒く加工するよう指示した
んです。
CG修整を請け負っているのは、以前の友寄さんの番組を担当していたA社です。
しかし、その存在を表に出すわけにはいきませんから、『陸海空』のエンドロールにA社の名前はクレジットされていません」
(以上引用 女性自身)

そして、このときの友寄Dの写真、というのが女性自身に掲載されているのです。
なんていうんでしょう、日焼けしたときに皮がむけたところだけ色が落ちているような感じで、鼻の頭や額、指先など一部の色が落ち、肌色がまだらになっている様子がよくわかる写真です。
この状態から真っ黒に加工するとしたら、それは大変な作業になるでしょうね。

(以下引用)
取材テープすべてに“色づけ”をしているため、CG作業には膨大な手間と時間がかかっているという。
A社でも人を増やして対応していますが、毎月、数百万~1千万円ほどの作業費が発生しています。
それでも手が回りきらず、修整が甘くなっていることがあって、友寄さん自身が
『同業者が見たらバレないかな?』
と心配していました。
A社とやり取りしている作業指示や報告のメールは、“証拠”が残らぬように、随時消去しています
」(前出・番組関係者)
(以上引用 女性自身)

これですね、正直なところ、真っ黒でも面白いんですけど、それがところどころ色落ちして剥げちゃってる修整前の画像、十分面白いんですよね。
全部真っ黒、よりまだらに黒い方がある意味悲惨ですし、それはそれでまた話題になったんじゃないかと思うんですけど…。
なぜ、友寄Dは禁断の“ヤラセ”行為に走ってしまったのか、その理由はこう書かれていました。

(以下引用)
友寄さんはこの1年で大きな後ろ盾を2つ失っているんです。
ひとつは、テレ朝の制作現場全般で絶大な力があった担当役員が昨年、総合ビジネス局担当へ異動したこと。
もうひとつは、SMAPの元マネージャー・Iさんがジャニーズ事務所を退社してしまったことです。
そんなときに、彼の企画が早河洋会長の目に留まり、『陸海空』を立ち上げたんです。
“世界もの”の企画を求めていた早河会長からお墨付きをもらった友寄さんは、
“俺は会長トップダウンの超重要案件を任されている!”
と公言するようになりました。
取り戻した社内的立場を死守したい一念で、彼は“CG加工してでも見せ場を作る”という“禁断の演出”に手を染めてしまったんでしょう
」(テレビ朝日関係者)
(以上引用 女性自身)

さて、この件について女性自身さんがテレビ朝日広報部に事実確認したところ、こんな返事が返ってきたそうです。

(以下引用)
《ご指摘のようなCG加工の事実はありません。
なお現在放送中の部族アースは今年春ごろに撮影したものですので、友寄Dの様子については、今後の放送をお楽しみいただければと思います
(以上引用 女性自身)

友寄Dの黒は加工された黒だ、と報じられるのはこれが2度目。
今回は証拠写真まで流出してしまいましたし、今後の放送で徐々に色が剥げた様子を出していくつもりなのかもしれませんね。
そもそも、お肌というのは何日か周期で常に入れ替わっているわけで、表面に塗っただけの塗料が一生落ちないとかありえないことは誰もがわかっていることでしょうから。
もし月に1千万円もかけて肌の色を修整するヤラセを本当にしているとしたら…無駄なことをしているなぁとしか思えないわけですが…。

※最初にヤラセ疑惑が報じられた際もネットは好意的でした。ネットの反応はこちら。
【悲報】ナスDにCG疑惑が浮上w「染料が落ちてきて慌ててCG加工」www
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
今後、ナスDの肌色が急速にまだらになっていくのかどうか、注目ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

気になる芸能人のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース