スポンサーリンク
新着ニュース

米倉涼子『ドクターX』制作費が1億円を超えても無問題!豪華キャストのギャラがハンパなくすごい!

シーズン4までと比べるとやや視聴率が落ち気味ではあるものの、ほかのドラマとは比べ物にならないレベルで好調な、米倉涼子さん(42)主演のドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日)。
絶好調シリーズだけにキャストも豪華ですが、そのギャラもハンパなくすごい額となっています。
制作費は、ギャラや諸経費含めると1億円を突破する勢いだといいますが、それでも結果は黒字になるのだとか。→ Geinou Ranking

ドクターX ~外科医・大門未知子~ DVD-BOX [ 米倉涼子 ]

にほんブログ村 芸能ブログ

今回でシーズン5となった『ドクターX』。
現在(2017/10/30)第3話まで放送されていますが、その視聴率は、初回から20.9%→19.6%→19.0%と、やや右肩下がりです。

※初回に出演して好評だった大地真央さんがたった1話で消えてしまったのも視聴率下降の原因…?
『ドクターX』から大地真央がたった1話で消えてしまった裏事情が判明!…でもちょっと納得できない…?

しかし、今クールのドラマの中では、『相棒』(テレビ朝日)も余裕で抜いてぶっちぎりのトップ視聴率。
やはり、『ドクターX』の人気はすごいですね。
しかし、『相棒』も初回から15.6%→16.6%と、2話目にして視聴率を上げてきています。
もし、『ドクターX』がこのまま下がり続け、『相棒』が上がり続けたりすると、まさかの展開もあり得るかも…。

って、どちらもテレ朝のドラマです。
どちらが勝っても、テレ朝はウハウハですよね。

さて、このドラマでいつも話題になるのが、米倉さんの出演料。
米倉さんは、当初『ドクターX』は第2弾で終わりにするつもりだったということで、第3弾以降は常に何らかの駆け引き、取り引きの末出演することになった、と報じられています。

第3弾の時は、ギャラの大幅アップ。

米倉涼子、『ドクターX』シーズン3のギャラは異例の500万円!結婚へ向けて民放最高視聴率を狙う!

第4弾の時は、結婚と引き換えだった…と報じられています。

米倉涼子『ドクターX』第4弾への出演と引き換えに結婚を事務所に認めさせていた!

しかし、米倉さんの結婚生活はわずか数カ月で破たん。
その後は、長く別居しながら離婚に向けて協議している…と報じられていました。
離婚成立までは、『ドクターX』第4弾も無理かと思われていましたが、16年10月期には離婚成立を待たずに第4弾が放送されました。
その放送終了後、16年末に離婚が成立しています。

3弾、4弾とすったもんだの末に出演を決めてきた米倉さんですが、今回、第5弾についてはそうしたゴタゴタは報じられませんでした。
その理由は、おそらくこちら、でしょう。

(以下引用)
「テレビ朝日も所属事務所も今後も長いシリーズとして続けていきたいコンテンツですが、当の本人が『これで最後にしたい』と言っているそうです」(テレビ局関係者)
(中略)
「あれだけの人気ドラマですし、共演者もスタッフもギャラも何も不満はないのですが、彼女が唯一、危惧しているのが大門未知子=米倉涼子という強いキャラのイメージなんです。
未知子が愛されるのはうれしいけど、私は未知子のように強くないから、あのイメージがつくのは……
と言っていましたからね。
今後、本人は舞台やミュージカルを中心にやっていきたいそうです」(芸能関係者)
(以上引用 AERA.dot)

おそらく、これで最後にする、という約束で出演することを決めたのでしょう。
とはいえ、これがまた好調のうちに終われば、すぐまた第6弾、という話が浮上してしまうのでしょうけどね。

ギャラの話をするはずが大幅にそれました。
米倉さんの今回の『ドクターX』への出演料は、以前1話あたり700万円にアップした…と報じられました。

『ドクターX』第5弾放送決定も高騰する制作費にテレ朝が戦々恐々!米倉涼子のギャラは700万円に大幅アップか

この記事も週刊実話情報だったのですが、今回も週刊実話です。
なのに、金額が違ってます。

(以下引用)
シーズン4まで500万円~だったのですが、この“5”から一気に650万円~に大幅アップした。
理由は、もちろん、いまや唯一無二の存在だからです。
なんだかんだ言っても、米倉さんがドラマに出ないと何も成立しない。
ここまでくれば、米倉サイドの言い値といっても過言ではありません
」(制作関係者)
(以上引用 週刊実話)

1話あたり650万円×11話=7150万円。
すごい金額ですよね。
これ、ものすごく異例の金額なんです。

(以下引用)
「例えば、綾瀬はるか250万円~高畑充希180万円~
柴咲コウ210万円~
吉高由里子190万円~
同世代の篠原涼子でさえ、最近は視聴率が取れないため300万円を切り、270万円にまで落ちているんです。
天海祐希250万円~
米倉の突出ぶりが分かるというものです」(事情通)
(以上引用 週刊実話)

それだけではありません。
『ドクターX』は、脇役の俳優さんも超豪華。
こちらのギャラもハンパないのです。

(以下引用)
「各出演者1話あたり、西田敏行岸部一徳がそれぞれ200万円~。
遠藤憲一陣内孝則180万円~
勝村政信120万円内田有紀100万円
全て他局では主演を張っても何ら不思議ではない存在のため、これだけのギャラを支払ってキープしなければならない」(大手広告代理店幹部)

結果、1本当たりの制作費は諸経費なども加えると軽く1億円は超えるという。
(以上引用 週刊実話)

以前、米倉さんのギャラが700万円だと報じていた際は、制作費は1話あたり8000万円くらいになりそうだと報じていましたが、それより大幅に上がっちゃいましたね。
1話あたり1億円、という制作費、今年1月期の木村拓哉さん主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS)がそれくらいかかっていると報じられてましたね。

※『ドクターX』超えを狙ってるとの噂でした。
SMAP・木村拓哉主演『A LIFE』、制作費は1話1億円!? 「絶対に爆死できない」ドラマの業界評

いくら好調な『ドクターX』といえど、1話1億円かけるということは11話放送すればそれだけで11億円です。
さすがに赤字になるのではと思うところなのですが…。

(以下引用)
制作費から見れば確かに赤字ですが、それらを補うメリットがついてくる。
局全体のイメージの大幅アップに加え、有料チャンネルなどの課金やCM料金のアップで、結果は黒字になるんです。
ギャラは必要経費という考えです
」(テレ朝関係者)
(以上引用 週刊実話)

すごい世界ですね、テレビって。
しかし、そういうことだとちょっと気になるのが今の20%を超えられていない視聴率ですよね。
これまで『ドクターX』は第2弾~4弾まで全話平均で20%超えを達成し続けてきています。
ここで20%を割ってしまうと、やはり飽きられてきた感が出てしまい、赤字を補うメリット、とやらが減ってしまうのではと思われます。
テレ朝としても、ここまで破格のギャラと制作費をかけている以上、もう少し数字がほしいところでしょうしね。

今後、『ドクターX』が視聴率を上げていけるのかどうか、注目ですね。

※えっ。そうかなぁ…。
米倉涼子、完全に老けてババアになるwwwww(画像あり)
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

◆遠藤憲一のSNSはこちら
◆最新芸能ニュースはこちらで読めます!→人気ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース