スポンサーリンク
新着ニュース

『72時間ホンネテレビ』で“SMAP”と言えないのは退社時の契約?改めてジャニーズ事務所の歪んだ圧力が明らかに

11月2日夜9時から72時間、ネットを席巻した『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)。
特に、元SMAPのメンバーだったオートレーサーの森且行さんと草なぎ剛さん、香取慎吾さん、稲垣吾郎さんの3人が実に21年ぶりに共演したことは大きな話題となり、ツイッタートレンドでは『森くん』が世界1位に躍り出ました。
その、森さんと3人の会話の中で、気になったことがひとつ。
それは、彼らがSMAPの曲名を口に出せなかったこと。
これはやはりジャニーズ事務所の圧力だということで、改めて波紋を呼んでいます。→ Geinou Ranking

【中古】 爆音に焦がれて 森且行の挑戦 /大泉実成(著者),関根虎洸(その他) 【中古】afb

にほんブログ村 芸能裏話・噂

森さんとSMAPの共演、ついに実現しましたね。
森さんがSMAPを脱退したのは94年のことで、それ以降、森さんについてはSMAPの“タブー”とされてきました。
テレビでSMAPの過去映像が流れる際も、きれいに森さんだけカットされたものが放送されてきました。
テレビカメラの前で共演するのは、脱退以来21年ぶり。
4人で話していましたが、この21年の間、SMAPと森さんは2回しか会っていなかったそうですね。
SMAPの20周年コンサートに森さんが行った時が1回目、2回目は、昨年末、木村拓哉さんだけが呼ばれなかったとして話題になったあの焼肉会の時だったそうです。

SMAP(木村拓哉以外)が大晦日に慰労会!リークしたのはジャニーズ事務所、と思いきや…バーニングだった!?

森さんのコーナー、長かったですね。
3人が森さんが出場する浜松オートを訪れて森さんのレースを観戦、その後森さんと対面を果たし、3時間にわたってSMAP時代の思い出を語っていました。

72時間、3人は本当に楽しそうで、生き生きとしていました。
とてもいい番組だったと思います。

そんな中、気になったことがひとつ。
それは…。

(以下引用)
しかし3人の背後に、いまだ複雑な事情や圧力が存在することを感じさせるシーンもいくつもあった。
その典型が、「SMAP」「ジャニーズ」「木村」「中居」といったワードが禁句扱いとなっていたことだ。

これらワードが発せられたのは番組開始早々、爆笑問題太田光が登場直後に「飯島、呼んでこい」「木村、見てる?」と、同じく爆笑問題の田中裕二がゴルフ大会の場面で「中居くんとゴルフ行った」との発言だけ。
3人の口から、「SMAP」や「木村」「中居」の名前が発されることはなかったのだ。

たとえば、3日午前にゲスト出演した三谷幸喜から「所属してらっしゃったグループ名とかは言ってもいいの?」と聞かれると、3人は微妙な表情を浮かべ一瞬沈黙。
「さっき番組名とか言ってたから」と、とまどう三谷に対し、稲垣が「まあ、サラッとなら」「そこは見ているみなさんも気になってたことだと思うので」と言葉を濁した。
 
また2日深夜、3人だけのトークの際、香取と草なぎはラジオのレギュラー番組を一緒にやっているが、しかし稲垣と3人揃っての仕事は久しぶりだとの話題になった際も、「”あれ”以来だから、半年以上ぶり」とお茶を濁したような表現をしていた(おそらく「『スマスマ』最終回以来」と言いたかったのだろうが)。

さらに森とSMAP時代の思い出話をした際も、中居や木村の名前は一切出ることはなく、「会社に入ったとき……」「グループのデビューが……」などと”ジャニーズ””SMAP”という固有名詞を避けてもいるのだ。
また年末の焼肉会で森がSMAPの歌を歌ったという話題になり、その瞬間、SMAPの楽曲名を言いそうになるが、しかし「シングル曲」と言い直し、稲垣が「曲名とか言ったら、すごい怒られる」と明かした。
(以上引用 リテラ)

そう、これ、気になりましたよね。
これは、インターネットTVで、地上波で広く放送されている番組とは違うのに、それでもその固有名詞を使うことが許されない。
改めて、ジャニーズ事務所の力の恐ろしさを感じました。
これ、3人がジャニーズ事務所を退社するときの“契約”に入っているとの説も。

(以下引用)
「噂には聞いていましたが、ここまで規制が掛けられているとは驚きです。
これまでも多くの人がジャニーズ事務所から独立しましたが、所属時代の持ち歌の曲名を言えないなんてことはないし、それどころか普通に歌っています。
彼らはSMAPのメンバーだったのに、ジャニーズに残っている木村拓哉や中居正広の名前すら言えないし、SMAPという言葉すらも発することに制限が掛けられている。
退所時にそのような契約を交わしたのだと思いますが、こんな異常なことが許されていいのでしょうか」(同)

ジャニーズはなぜ、3人にそこまで圧力をかけるのか。

SMAPという言葉を彼らに言わせなければ、世間が自然と忘れていくと思っているのでしょう。
時が経てば、いずれ風化していくと考えている。
それに、SMAPを売りにしなければ、3人の芸能生活は持たないと見下してもいる。

しかし、昔だったらその手法で潰せたのでしょうけど、今は『だったら私たちが代わりに言う』とファンの怒りを買い、ネットが荒れるだけ。
忘れられないどころか、余計にSMAPを印象づけることになりました。
また、事務所に残っている木村や中居だけでなく、TOKIOへの無言の圧力でもあります。
事務所を出たら、自分たちのグループ名さえ言えなくなるんだと思わせたら、さすがに独立したいと思っても、躊躇するでしょう。
逆に考えれば、3人はそんな約束を結んでまでもジャニーズをやめたいと思うほど、居心地が悪い組織なんでしょう」(週刊誌記者)
(以上引用 ビジネスジャーナル)

つまり、事務所を辞めることは構わないけど、今後“SMAP”を連想させるような活動はしてはいけないとか、“SMAP”の看板を使うことは許さないとか、そういう契約になっているということでしょうか。
つまり、今後、SMAPの楽曲が本人たちに歌われることは、二度とない…?

何とも寂しい話ですね…。

でも、明るい話題もないわけではありません。
それは、『72時間ホンネテレビ』に出演した堺正章さんに関して、です。
堺さんは、芸能界のドンともいわれる田辺エージェンシー田邊昭知社長とは旧知の間柄です。
SMAPとはあまり接点がないのに、どうしてここで堺さんが?という感じだったのですが、この出演には田邊社長の意向が強く働いていたのだとか。

(以下引用)
堺を呼んだのは、芸能界やテレビ界に対して『ジャニーズを退所しましたけど、3人にはちゃんと後ろ盾がいるので安心してください』というアピールのためでしょう。
もともと、SMAPは2015年にタモリや夏目三久が所属する田辺エージェンシーへの移籍を画策していた。
結局、木村がジャニーズに残ると決めたため、5人揃っての独立はご破算になった

その田辺エージェンシーの社長である田邊昭知氏は“芸能界のドン”といわれ、田辺氏と堺はザ・スパイダース時代からの盟友。
田辺氏が裏のドンなら、堺は表のドン。
堺と共演すれば、稲垣ら3人が田辺氏ともつながっているとわかる。
今後も安心ということ
です」

ネット上では、登場する“大御所”がタモリという説が多かった。

「年齢的には堺よりタモリのほうが上でも、芸歴では堺のほうが断然上。
あの場では3人が暗い雰囲気になったとも感じられ、ファンは見たくなかったかもしれません。
でも、どうしても必要な通過儀礼だったんです」
(以上引用 ビジネスジャーナル)

芸能界のこうしたしがらみって、イヤなものですけど、今後の彼らの活動のバックに田邊社長がついてくれるのなら、それに越したことはないでしょう。
SMAP5人はそろいませんでしたが、3人でも受け入れてくれて後ろ盾になってくれるのなら、3人の地上波のテレビや映画への復帰も早まるのかもしれません。

『72時間ホンネテレビ』はおそらく大成功でしょう。
先ほど、7200万視聴を超えたと番組内で発表がありましたし、AbemaTVでは今後も3人の番組などが展開されていくことになるのではないでしょうか。
ここを足掛かりに、頑張ってほしいですね。

72時間、お疲れさまでした。

タブーや逮捕話も!アイドルの頂点にいるSMAPのありえない話題
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

◆香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛のSNSはこちら
◆最新芸能ニュースはこちらで読めます!→人気ブログランキング
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ