スポンサーリンク
新着ニュース

井上真央『明日の約束』がついに5%割れ!重すぎる内容に視聴者増えず、打ち切り濃厚か

井上真央さんの久しぶりの連ドラ主演作『明日の約束』(フジテレビ)ですが、なかなか視聴率が上向きません。
21日に放送された第6話では、ついに打ち切りラインといわれる5%を下回る4.6%という数字を記録してしまいました。
見ている方の評価は高いものの、重すぎる内容になかなか視聴者を増やすことができず、このままだと打ち切りになってしまう可能性が濃厚とか。→ Geinou Ranking

にほんブログ村 芸能裏話・噂

井上真央復帰作として注目された『明日の約束』

今クールは、『陸王』『コウノドリ』(TBS)、『ドクターX』(テレビ朝日)、『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ)など、平均視聴率が2桁を超える好調なドラマが多い一方、コケたドラマはかなりな低空飛行となってしまっています。
その低空飛行ドラマのひとつが、井上さんの事務所移籍後復帰作として注目されていた『明日の約束』です。
視聴率の推移はこちら。

8.2%__6.2%__5.4%__5.8%__5.1%__4.6%___平均6.02%

初回が一番視聴率がよく、その後は見事な右肩下がり。
21日放送の第6話で、ついに5%を下回ってしまいました。

視聴率5%は“打ち切りライン”

5%は、連ドラの場合“打ち切りライン”と言われています。

(以下引用)
11月21日放送の連続ドラマ『明日の約束』(フジテレビ系)第6話が、平均視聴率4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と“5%割れ”したことで、
いよいよ打ち切りも現実味を帯びてきた」(テレビ局関係者)
とささやかれている。

主人公のスクールカウンセラー・藍沢日向を演じる井上真央は、今作が約2年ぶりの連ドラ主演という点で注目を集めていました。
しかし、初回から8.2%とつまずき、第2話はさらに2.0ポイント減の6.2%を記録。
その後は3話連続5%台で、今回ついに4%台に転落してしまいました。
この単話視聴率は、今期放送連ドラ作品のワーストとなります。
業界では、『4%台が打ち切り水準』といわれているだけに、井上の復帰作はこのまま不発に終わる可能性が高いです
」(同)
(以上引用 サイゾーウーマン)

今クールの連ドラの中でも最低水準

6.02%という平均視聴率も、今クールのゴールデン・プライムタイムの連ドラの中では最低の数字です。
その上は、『刑事ゆがみ』(フジテレビ)と『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ)の6.52%ですが、この2作品は視聴率最低回でも5%を下回っていないうえに、最新回の視聴率はいずれも6%台。
これ以上は下がらない可能性が高いので、『明日の約束』がこの2作品を視聴率で追い抜ける確率は低そうです。

※撮影現場の微妙な雰囲気は継続中なのでしょうか…
井上真央『明日の約束』撮影現場がピリピリムード!出演者の仲はとてもいいのに、その理由は?

視聴者の満足度は高いのに…

しかしこのドラマ、見ている人の評価は高いんですよね。
ネットの声を見てみると…。

(以下引用)
えー、結構面白いけどな
「視聴率ってうるさい!」
今の時代視聴率なんてあんま気にしない方がいいよ
録画派の人増えてきてるだろうし

「真木よう子さんのドラマはもっと低かったよね」
初めから高視聴率を期待する内容のドラマじゃないから。
「一回見たけれど、暗くて重いからやめた」
「脱落する人もいそう
毒親がキツすぎてトラウマな人とか 」
内容があっても暗いわ…無理無理
好きな人だけ見れば良いタイプのドラマ

「本当に暗いとしか言えないんだよね
井上真央の表情とか…鬱になりそうな感じ 」
(以上引用 ガールズちゃんねる)

そう、ちょっと内容が重すぎるんですよね。

視聴率低迷の理由は2つ

(以下引用)
「それでも視聴率が低迷している理由は2つ。
まず昨今、視聴者の間で『フジのドラマ=面白くない』というイメージが定着しており、その影響があって、『明日の記憶』をスルーした層も多いと思われます。
また、本作は、1人の人間の死をめぐって、毎回少しずつ“真相”に迫っていく展開なので、途中から見始めるのが難しいストーリーといえる。
新たな視聴者を増やせないとなると、このまま打ち切りの流れになりそうです」(同)
(以上引用 サイゾーウーマン)

この手のドラマはどうしても見る人を選んでしまいますからね。
それは、きっと制作側もある程度は見込んでいたのでしょうけど、まさかここまで下がってしまうのは想定外だったかもしれません。
ホント、仲間由紀恵さんの毒親っぷりが凄まじいとネットでも話題になってましたし、もう少し視聴率が高くてもおかしくないんですが…。

低視聴率は井上真央の責任?

こうして連ドラで低視聴率が出てしまうと、どうしても主演の俳優さんの責任、という話が出てきます。

(以下引用)
この状況は、今後の井上の女優人生にもネガティブな影響を与えるとみられる。

「井上は2016年に古巣の芸能事務所・セブンス・アヴェニューからの“独立騒動”が報じられ、さらに同年末、長年交際が伝えられていた嵐・松本潤に、セクシー女優・葵つかさとの“二股疑惑”も浮上。
こうしたゴタゴタによって、業界ではただでさえ井上を敬遠する向きが強いのに、加えて数字も持っていないとなれば、ますます女優としての立場が厳しくなるでしょう」(芸能プロ関係者)
(以上引用 サイゾーウーマン)

※大ダメージでした。
浮気相手・葵つかさが松本潤との生々しい交際の実態を明かした!部屋には井上真央との交際を裏付ける発言と物的証拠も

松本潤が井上真央への未練たっぷり復縁メッセージ?サゲ記事が頻発する理由
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

井上さんは、約2年ぶりの連ドラ主演ですが、2年前の主演作はNHK大河ドラマ『花燃ゆ』。
そう、平均視聴率12.0%と、大河史上最低タイ記録を樹立してしまったあの『花燃ゆ』なんです。
さすがに2作連続でコケると、女優さんにも責任がありそうだという話になっても仕方ないのかもしれません。
この後、しばらくは連ドラ主演の話はこないかもしれませんね…。

《参考》過去の井上真央主演連ドラ視聴率一覧

さて、最後に、過去の井上さんの民放連ドラ出演作の視聴率を一覧表で見てみましょう。

年/月 タイトル 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 平均
’04/04 TBS 金22 ホームドラマ! 12.6 11.9 10.5 10.5 9.4 9.4 10.3 7.4 9.3 8.1 7.2 9.96%
’05/10 TBS 金22 花より男子 18.3 19.3 20.5 20.7 19.0 19.7 17.3 19.9 22.4 19.76%
’07/01 TBS 金22 花より男子2(リターンズ) 19.4 20.1 19.2 23.1 20.3 21.0 21.0 22.7 22.3 21.9 27.6 21.57%
’07/07 CX 月21 ファースト・キス 19.7 13.2 15.2 15.8 13.1 11.1 12.8 14.6 13.8 13.2 12.4 14.22%
’10/10 TBS 日21 獣医ドリトル 16.0 13.3 14.2 14.5 11.5 13.2 12.1 13.2 12.5 13.46%
’12/07 NTV 水22 トッカン 12.9 10.8 11.2 10.9 9.5 9.6 10.2 9.0 9.6 10.6 10.50%
’17/10 CX 火21 明日の約束 8.2 6.2 5.4 5.8 5.1 4.6 6.02%

(データ引用 Audience Rating TV ~ドラマ視聴率~

この中で、『獣医ドリトル』だけは井上さんがヒロイン、あとは主演作です。
どう見ても、『明日の約束』は井上さん出演作の中で過去最低記録を更新しそうですね…。

ただ、上記で引用したコメントにもありましたが、今はこうしたじっくり見るタイプのドラマはリアルタイムではなく録画で見る人も多くなっています。
視聴率だけで“大コケ”と判断せずに、楽しんでみている人のためにも、安易に打ち切りはやめてほしいところです。
打ち切りになると、最後の方無理やり話を詰め込むので訳が分からなかったり展開が早すぎてついていけなくなったりして、ますます評判を落としてしまうことがありますから…。

※事前の評判はそこそこよかったんですけどね…。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

◆気になる芸能人のSNSはこちら
◆最新芸能ニュースはこちらで読めます!→人気ブログランキング
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース