スポンサーリンク
新着ニュース

香取、稲垣、草なぎのコラボで新曲発売決定!大手レコード会社間でリリース権の争奪戦状態に

香取慎吾さん、草なぎ剛さん、稲垣吾郎さんの3人がコラボして新曲をリリースする話が着々と進んでいるようです。
3人主演で来年公開される予定の映画『クソ野郎と美しき世界』の主題歌になる予定だそうで、すでにどこからリリースするか、大手レコード会社間で争奪戦状態になっているといいます。
一方で、「新しい地図」で完全オリジナルの音楽配信会社を手掛けるという噂もあるそうで…。→ Geinou Ranking

※大人気で売り切れました。重版決定。

にほんブログ村 芸能裏話・噂

3人のための新曲を作ろう

3人が出演した『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)のフィナーレで行われた72曲ライブの際、草なぎさんが
僕ら、曲がないんで…
と発言し、SMAP時代の曲はおろかジャニーズタレントの曲も歌わなかったことが話題となりました。

(以下引用)
「SMAPは91年のデビューから25年の間に、シングル55枚、アルバム27枚を発売し、375曲のオリジナル曲を持っています。
しかし、『72時間ホンネテレビ』フィナーレの目玉企画『72曲ライブ』で3人が歌ったオリジナル曲といえば、番組テーマ曲の『72』の1曲のみでした。
(中略)
SMAP時代の持ち歌はいっさい歌われませんでした」(音楽関係者)
(以上引用 女性自身)

元SMAP5人中3人が一緒に行動しているので、どうしても彼ら3人はSMAP色は濃いんですが、SMAPの曲の権利はジャニーズ事務所が持ってますからね…。
もう今後二度とSMAP時代の曲を彼らが歌うことはないのかと思うと、かなり寂しいですが…。

彼らはもう前を向いています。
曲がないなら、オリジナル曲を制作しよう!という話になっているようです。

(以下引用)
目下、3人のための新曲を作ろうという話が着々と進んでいるようです。
その第1弾は、『新しい地図』が来春公開する映画『クソ野郎と美しき世界』の主題歌になる予定だと聞いています。
映画は4本の短編からなるオムニバス形式となるようです。
その凝った内容に合うような主題歌になるでしょう。
映画公開の来春までにその新曲が必要になってくるわけですから、急ピッチで準備しないと間に合いません」(レコード会社関係者)
(以上引用 女性自身)

来春、まだ具体的な時期は明らかになっていませんが、春というからには3月~5月までには公開されるのでしょう。
となると、5月だとしてもあと半年しかありません。
映画というのは早くから撮っていることも多く、半年前にはすでに出来上がっている場合もあるんですが、この時点でまだ主題歌が出来上がっていないというのはかなり遅い展開なのではないでしょうか。
極秘にすでに出来上がっている可能性もありそうですよね。

どこからリリースするかで争奪戦状態に

さて、問題はその新曲のリリース方法。
ジャニーズ事務所からの圧力もあるなか、引き受ける会社があるのかと思いきや、なんと争奪戦状態になっているらしいのです。

(以下引用)
独立直後から、海外系の大手レコード会社を中心に
『うちでCDを出さないか』
との声が多数あがっています。
水面下では争奪戦のような状態にもなっています。

有力候補はユニバーサルビクター
ユニバーサルには、同じ事務所に所属していた赤西仁さん(33)や田口淳之介さん(32)が在籍しています。
ビクターはもともとSMAPの楽曲を手掛けていたこともあり、旧知のスタッフも少なくありません。
いっぽうで、『新しい地図』が完全オリジナルの音楽配信会社を手掛けるという話も出ています」(前出・レコード会社関係者)
(以上引用 女性自身)

うーん、もともとSMAPの曲を手掛けていたビクターは、ジャニーズ事務所に残っている木村拓哉さん、中居正広さんとの兼ね合いもあるでしょうし、ジャニーズから圧力かかりそうですよね。
ユニバーサルは、すでに辞めジャニを2人も抱えていますし、もう3人増えたところでどうということはなさそうです。
赤西さんには『新しい地図』への移籍の噂が根強くありますし、そのあたりからもユニバーサルになる可能性が高いのかな、と個人的には思いますが、どうなのでしょうか。

SMAP退所3人組との合流報道に赤西仁が恐縮!Twitterで「そんなわけありませんがな」と謙遜するも共演を熱望する声多数!
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

オリジナルの音楽配信会社構想は…ジャニーズから圧力がかからないという意味では悪くないですが、広く一般に向けて販売できませんし、できたら大手レコード会社からリリースしてほしいところですよね。

3人のコラボ、その役割

どこからリリースするかはまだ流動的のようですが、新曲を出すということ自体はもう決定のようです。

(以下引用)
「レーベル名のプランも、すでにいくつか出ているそうです。
音楽業界内では、3人とマネージャーの頭文字から名付けたという《KIK(キック)》か《IKKI(イッキ)》の2択で悩んでいるとの噂もあります」(前出・レコード会社関係者)
(以上引用 女性自身)

新曲は、3人によるコラボ作品になるそうです。
どんな風にコラボするのかというと…。

(以下引用)
「まず、草なぎさんは作曲担当
彼は半年ほど前から本格的にギターを習い始めたのですが、いまはどこへ行くにもギターを手放さず、作曲も勉強するようになりました。
まだ発表されていない曲をどんどんストックしていっているようですね」(前出・レコード会社関係者)

そんな草なぎの曲に詞をつけるのが、稲垣の役目

「稲垣さんは自身を“文芸部長”と自任し、これまでもエッセイや『anan』の映画評を執筆してきました。
文才があるので、作詞もお茶の子さいさいでしょう」(前出・レコード会社関係者)

残る香取は、CDのジャケット制作などビジュアル面を手掛けるという。

「香取さんは、過去に2度も個展を開いているほど、画家としての活躍でも注目されているんです。
10月末まで都内で開かれていた日本財団主催のアート展にも絵画を出展。
安倍首相(63)が香取さんの作品を鑑賞したことでも話題になりました」(前出・レコード会社関係者)
(以上引用 女性自身)

ピッタリな役割分担ですね。
未発表曲を草なぎさんがたくさんストックされているのなら、新曲の後にはアルバム発売も期待できそうです。
SMAP時代のつながりで曲を提供してくれるアーティストもいらっしゃるでしょうしね。

《番外》女性自身がちょっとおかしい…?

さて、今回この情報は女性自身さんが掲載している記事です。
女性自身といえばジャニーズ御用達。
だったはずなんですが、ここのところやっぱりちょっと誌面がおかしいんですよね。
ジャニタレのグラビア、まったくない号があってびっくりしましたが、最近はまた復活してきています。
復活はしてるんですが…。

今週号のグラビアは、巻頭が近藤真彦さんで、巻末がSexyZone
先週号は、巻頭はジャニーズなしで、巻末がKis-My-Ft2玉森裕太さん。
その前は、巻頭が東山紀之さんで、巻末にHey!Say!JUMP(モノクロ)。

わかります?
嵐とか関ジャニ∞とか、ジャニーズの中でもトップレベルのグループが掲載されていないんです。
それぞれのページも、1~2ページとかなり少なめですし。
この間、表紙にもジャニーズは登場していません。

これが1カ月ほどさかのぼって、例えば11月14日号になると、表紙がHey!Say!JUMP。
巻頭グラビアにはHey!Say!JUMPと嵐の二宮和也さんが登場し、巻末にはジャニーズJr.の舞台にゲスト出演する東山さん(モノクロ)が特集されています。
ページ数も2~4ページとられています。

巻頭にマッチさんとか東山さんなんて、これまでだったらちょっと考えられない誌面なんですよね。
ドラマ主演するとか特別なことがない限り、彼ら重鎮級の方々は掲載されても巻末、なんならモノクロだったわけですよ。
それが今では巻頭に彼らだったり巻頭グラビアにジャニーズがいなかったり…。
これ、やっぱり女性自身とジャニーズ事務所の間に何かがあった、と考えたくなりますよね。

ここのところ、女性自身で毎号のように詳しく報じられる『新しい地図』の面々の活動と合わせて考えると、やっぱり女性自身は飯島三智女史サイドについたのではないかと、そのせいでジャニーズ事務所側が露骨にタレントを引き上げているのではないかと、そんな風にも見えてくるのですが…。

あくまで個人的な予想ですけどね。
ジャニーズ事務所と飯島女史率いるCULENとの戦いは始まったばかり。
最終的に笑っているのは、どちらになるのでしょうか。
今後の展開が楽しみですね。

※ジャニーズ事務所も黙ってはいません
これでコケたらジャニーズ終了!来年1月期ドラマにエース級を大量投入したのは「新しい地図」の快進撃への対抗策
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

※支持されるかどうかは…微妙?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

◆香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛のSNSはこちら
◆最新芸能ニュースはこちらで読めます!→人気ブログランキング