スポンサーリンク
新着ニュース

宮根誠司、ゲス不倫がバレても無問題!好感度ランキング急落でも無問題!ギャラは特番1本で1000万円!?

先日オリコンが発表した「好きな男性アナウンサーランキング」でベスト10圏外に転落してしまった宮根誠司さん。
それには、少し前に暴露された隠し子についての新事実が大きく影響していたと思われますが、どうやらこの件、宮根さんには全くノーダメージだったようです。
確かに好感度は急落しランキングも圏外に落ちましたが、ギャラは最高ランクから落ちることなく、大型特番への出演では1000万円近いギャラを稼ぎ出しているそうなのです。→ Geinou Ranking

「ミヤネ屋」の秘密 大阪発の報道番組が全国人気になった理由 (講談社+α新書)
by カエレバ

にほんブログ村 芸能裏話・噂

宮根誠司版“ゲス不倫”詳細

宮根さんは12年に隠し子がいることを女性セブンに報じられました。
結婚前に二股をかけており、その片方・B子さんとと結婚した後も、結婚しなかったもう一方・A子さんとの交際を継続。
結婚後に、A子さんに子供ができた…というものでした。

当時、女性セブンのインタビューに答えた宮根さんは、A子さんは宮根さんに結婚を考えている女性がいることを承知の上で付き合っていたと語り、A子さんが納得ずくで愛人関係を継続していたかのように語っていたのですが、今年11月末、A子さんがそれが嘘だったことを週刊文春に告発。
宮根さんは二股をかけていることを隠してA子さんと付き合い始め、B子さんと結婚したときに初めて二股だったことをA子さんに告白。
しかし、結婚している事実は隠し続け、A子さんが妊娠したときにようやくB子さんと結婚していることを明かしたのです。
つまり、A子さんは宮根さんに騙されていた、ということになります。

※詳しくはこちら。
宮根誠司、隠し子妊娠発覚まで独身を装っていた!自己保身のウソだらけの実態を隠し子母が語った

改めて宮根さんのゲスっぷりが表に出た形だったのですが、この報道を宮根さんは完全スルー。
12年に隠し子がいることが発覚した際は、形だけでも『ミヤネ屋』で謝罪して見せたのですが、そうした対応すらしませんでした。
ネットはそれなりに盛り上がってましたので、おそらく電凸はされているのではないかと思うのですが、表面上は何事もなかったかのように、宮根さんはワイドショーで他人の不倫について報じ続けています。

「好きな男性アナランキング」でベスト10圏外に転落

しかし、やはりまるで影響なし、というわけにはいきませんでした。
ちょうどこの件が報じられたころ調査が行われた、オリコンの「好きな男性アナウンサーランキング」の結果が12月8日に発表されたのですが、昨年5位だった宮根さん、今年はベスト10圏外に転落してしまったのです。

ちなみに、ベスト10のメンバーはこちら。

1位 羽鳥慎一(↑2位)フリー
2位 武田真一(↑3位)NHK
3位 青木源太(↑9位)日本テレビ
4位 清水俊輔(↑10位)テレビ朝日
5位 富川悠太(↑8位)テレビ朝日
6位 伊藤利尋(↑7位)フジテレビ
7位 辻岡義堂(↓6位)日本テレビ
8位 古舘伊知郎(↓4位)フリー
9位 登坂淳一(初)NHK
10位 生田竜聖(↑圏外)フジテレビ
(データ引用 オリコン)

ちなみに、昨年1位だったのは日本テレビの桝太一アナで、桝アナは5連覇を達成したため殿堂入りということで今年から外れています。

こうしてみると、上位のメンバーはほとんど変わらないんですね。
それだけに、宮根さんの急落は目立つ形となっているのですが…。

好感度なんか下がったって無問題?

実は、どれだけ好感度が下がろうとも、宮根さんにとってはまったく問題ないようなのです。

(以下引用)
男性フリーアナではトップクラスの“ギャラ”が、全てを物語っています。
レギュラー番組数では、いまや羽鳥の方が上ですが、それでも羽鳥が番組1本単価数十万円レベルのところ、宮根のギャラはケタがひとつ違います。
また、大型特番の出演ともなると、1000万円近いギャラを1日で稼ぐことまであるようです
」(前出・テレビ局関係者)

宮根の大躍進を支えたのは、“芸能界のドン”ことバーニングプロダクション・周防郁雄社長の寵愛によることは、もはや業界内外で知られている。

そもそも宮根や羽鳥の所属事務所は、宮根の独立を支えるため、周防社長が自らの手で設立したもの。
宮根が現在の地位を築いたのも、全ては“ドン”のバックアップがあってこそ
です」(同)
(以上引用 サイゾーウーマン)

芸能人と不倫、というこの問題。
例えば、サンミュージック所属のベッキーさんとスペースシャワーミュージックという事務所に所属していたゲスの極み乙女。川谷絵音さんはメディアから袋叩きにあい、ベッキーさんは芸能活動一時休止にまで追い込まれました。
芸能界でも老舗のワタナベエンターテインメント所属の中村昌也さんと結婚していた矢口真里さんは、中村さんを裏切る形で不倫したことを大々的に報じられ、しつこく追撃されてやはり芸能活動一時休止に。

こうして、“不倫”したばっかりに徹底的に追い込まれてしまう芸能人がいる一方、例えばバーニング系列のレプロエンタテインメント所属のマギーさんは、ロックバンド・Hi-STANDARD横山健さんとの不倫が報じられましたがマスコミは沈黙。
マギーさんは謝罪することもこの件についてコメントすることもなく、そのまま芸能活動を続けています。

不倫が報じられたマギー『ヒルナンデス』強硬出演に批判殺到!同じく不倫で炎上したベッキーとの違いは…事務所の力?

宮根さんもこちら側。
事務所の力いかんで、同じ“不倫”であってもここまで結果が違ってきてしまうんですね。
宮根さん、今後芸能人の不倫や隠し子のニュースを伝えるとき、どんな顔してコメントするんでしょうね。
まあ、12年に隠し子が発覚してからも、ずっとしれっとそういうニュースを伝え続けてきているわけですから、特に何も思わないんでしょうか。

つくづく残念だと思うのは、A子さん、どうして12年にこの話題が盛り上がったときにこの暴露話をしてくれなかったのか、ということ。
当時であれば、もっと盛り上がったでしょうし、宮根さんにももっとダメージがあったんじゃないかと思うんですよね。
A子さんの心の問題なので仕方ないことなんですが…とりあえず、宮根さんの天下はまだしばらく続きそうです。

【周防郁雄】バーニング帝国の秘密!
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Reading Ranking

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

◆宮根誠司のSNSはこちら
◆最新芸能ニュースはこちらで読めます!→人気ブログランキング