スポンサーリンク
新着ニュース

小室哲哉が引退を表明!不倫騒動のケジメとして自発的な音楽活動は今日から休止

週刊文春に看護師女性との不倫を報じられていた小室哲哉さん(59)が、今日会見を開き芸能界引退を表明しました。
不倫関係については「絶対にない」と否定したものの、騒動のケジメとして引退を決意した、とのこと。→ Geinou Ranking

小室哲哉/TETSUYA KOMURO EDM TOKYO(CD)

にほんブログ村 芸能裏話・噂

小室哲哉、引退を表明

今日1時から小室さんが会見予定ということで、ワイドショーをずっと流していたんですが、とりあえず『ひるおび!』(TBS)では取り上げませんでしたね。
日刊スポーツが会見で小室さんが語った内容に少し触れていますのでご紹介します。

(以下引用)
小室は、会見開始予定から7分、遅れて会場に入ると軽く一礼し、正面にしつらえられた机の前で3方に頭を下げ、さらに1礼した。そして
今回の報道により妻KEIKO、家族、ファン、スタッフの皆さんにご心配、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。
言動が支離滅裂になってしまうのは申し訳ないので昨夜、文章を作り目を通しながら話させていただきます。
ご了承下さい

と言い、文章を読み上げた。
(中略)
小室はKEIKOが倒れて以降、脳に障害が残り「欲がなくなったり、女性から女の子になった優しい笑顔になった」ことで「夫婦ということで、大人の女性に対してのコミュニケーション、会話のやりとりが出来なくなった」と語った。
そして「電話であったり対峙(たいじ)するところも1時間、10分、5分、3分と間が持たなくなって、非常にかわいそうだと思いますが、諦めては行けないのが精神的なサポートというのが重々、承知ではありますが、ちょっと疲れ始めてしまったところは3年くらい前ですかね、あったと思います」と吐露。
その中、2年前に自身もC型肝炎になったと明かした。
(以上引用 日刊スポーツ)

ロケットニュースさんによると、小室さんは突発性難聴と睡眠障害も患っているということで、夫婦二人とも闘病生活という状態だったんですね。
看護師女性は、あくまでこれらの病気の治療を受けるために来てもらっていたので、男女関係というとらえ方はしたことがないそうです。
ただ、KEIKOさんとこれまでのようなコミュニケーションが取れなくなった中、看護師女性との会話が楽しくなり、会話に付き合ってくれる女性に甘えてしまった部分がある、とのこと。

芸能界引退については、今回の騒動のケジメという話でしたが、最近、小室さんは作曲作業が遅れてしまったり、納期を守れなかったり、また提供した楽曲の評価が満足いくものではなかったり、昔の自分だったらありえないことが続き、小室さん自身、少し前から“引退”という思いがあったようです。

今後については、現在引き受けている他のアーティストへの楽曲提供などの仕事は継続しますが、自発的な音楽活動は今日を限りに引退します、と涙ながらに語られました。

ネットの反応

正直、今回の文春砲はちょっと文春さん、配慮するべきものだったのではと個人的には思うのですが…ネットの反応はどうでしょうか。

(以下引用)
やっぱ黒なの?
そこまですること?
「表舞台から姿消したいだけでしょ」
「寂しいなぁ…」
「借金どうするん?」
小室さん逃げた?
「引退ってTMネットワークはどうなっちゃうの?」
「これもう認めたようなもんじゃん」
不倫は大嫌いだけど…切ない(;;)
びっくりした。
引退か…結構な決断だよね。

「引退してこれ以上の記事抑えたいんでしょ
ほとぼり冷めたら復帰」
「そうだね、介護のせいにしたらいけないね」
「不倫で批判されるのを引退で許してって感じに見える」
引退会見なのか、不倫会見なのか訳わかんない
(以上引用 ガールズちゃんねる)

不倫についての釈明会見、というより、引退が全面に出た会見になってしまってますね。
個人的には、小室ファミリーが音楽シーンを席巻していたころが、人生で一番音楽を聴いた時期でした。
逮捕されたときは本当にびっくりで、ショックで、でもその後きっとまたブレイクするのだろうと、期待も込めてみてきた方でした。
こんな形で引退してしまうとは思いませんでした。
本当に、一つの時代が終わった感がありますね…。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

◆小室哲哉、KEIKOのSNSはこちら
◆最新芸能ニュースはこちらで読めます!→人気ブログランキング

コメント

  1. 匿名 より:

    引退って言って逃げればこれ以上責められずに済むもんね
    そして期間置いて復帰