スポンサーリンク
新着ニュース

篠原涼子の月9『民衆の敵』9.0%で大コケスタート!月9初回2桁割れは2期ぶり

篠原涼子さん主演のフジテレビ月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』の初回が23日に放送されましたが、その視聴率が9.0%と大コケスタートだったことがわかりました。
篠原さん、フジのドラマで“大コケ”と言われる数字を出してしまったのは、15年10月期放送の『オトナ女子』に続いて2度目。
さすがにもう、今後フジのドラマには出てくれないかもしれませんね…。→ Geinou Ranking

オトナ女子 DVD-BOX [ 篠原涼子 ]

にほんブログ村 芸能ブログ

長く低視聴率が続き、打ち切りまで噂されていたフジテレビの月9ドラマ枠。
前クールに放送された『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 3rd season』が、月9としてはほぼ2年ぶりに全話平均視聴率で14.78%と2桁を達成。
なんとか首の皮1枚でつながった状態
です。

【送料無料】 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON DVD-BOX 【DVD】


※まだ打ち切りの可能性はゼロではないとの噂も。
フジテレビ秋の月9主演が篠原涼子に決定!夫・市村正親も出演か?年内打ち切りの可能性はまだ消えず

そんな、がけっぷちに立つ月9、絶対失敗できない月9だったわけですが、『民衆の敵』は大方の予想通り、初回の視聴率としては大コケという結果になってしまいました。
9.0%という初回視聴率は、あの月9最低視聴率を更新してしまった『突然ですが、明日結婚します』の初回8.5%と0.5ポイントしか変わらないのです。

突然ですが、明日結婚します Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 西内まりや ]


※主演が決まるまでにかなりなドタバタのあったドラマでした。
松田翔太に続き竹野内豊もフジドラマを辞退!瑛太にも逃げられ1月期月9主演は西内まりやに決定

突貫で作られたためにキャストから脚本から突っ込みどころが満載で、案の定爆死に終わった『突然ですが、明日結婚します』の全話平均視聴率は月9史上最低の6.65%
さすがにこの記録を塗り替えるようなことにはならないと思いたいところですが…。

ちなみに、篠原さんが15年10月期に木曜22時枠で主演した『オトナ女子』も“大コケ”と言われましたが、その初回ですら9.9%
ちょっと先行きが不安なスタートになってしまいました。
ネット上でのドラマに対する評価は…。

(以下引用)
同ドラマは、ごく平凡な主婦・佐藤智子(篠原)が家庭を助けるため、高額報酬を目的に市議会議員選挙へ立候補し、「ママ議員」として悪戦苦闘する物語。
月9初主演となる篠原や、脇を固める高橋一生、石田ゆり子、古田新太、前田敦子、千葉雄大、田中圭といった豪華キャストが、放送前から話題になっていた。

「第1話では、真っ直ぐな性格から、職場での理不尽な業務に逆らってしまい、いつも解雇されてしまう智子と夫・公平(田中)の様子や、次の仕事を探していた智子が、市議会議員という職業をネットで見つけて立候補の準備を進める姿が描かれました。
衆議院選挙直後ということで注目されていた同作ですが、視聴者からは
『一応初回だし、最後まで見たけど、1時間返してほしい』
『ストーリーがありえなさすぎて、設定が雑!』
『現実の選挙を見た後に、陳腐なストーリーを見せられてもインパクトない』

といった不評の声が上がっています」(芸能ライター)

こうした背景から、途中で視聴を離脱した人も多く、初回1ケタという幸先の悪いスタートとなった。

前クール放送の『コード・ブルー』は初回16.3%、全話平均14.8%で、一度も2ケタ割れを記録しなかったため、『民衆の敵』での急落ぶりがハッキリとわかる結果になりました。
月9の初回2ケタ割れは、今年1月期に放送された『突然ですが、明日結婚します』以来3期ぶり。
『民衆の敵』初回が、プロ野球クライマックスシリーズの放送延長によって、30分遅れのスタートになったことも、視聴率に影響したのかもしれません。

しかし、ネットユーザーからは
『いくら野球延長の影響があったとしても、かなり爆死だね』
『いつもの月9視聴率に戻った』
『ヒット作の続編以外の月9は、もう10%も獲れない時代なのか』

といった声も出ています。
ちなみに、23日放送のクライマックスシリーズ、広島カープ対横浜DeNAの試合は平均視聴率10.6%、瞬間最高16.6%をマークしています」(同)
(以上引用 サイゾーウーマン)

初回2桁割れは3期ぶり、とか書かれると、すごく久しぶりなのか!という気持ちになってしまいますが、『コード・ブルー』の前に放送されていた『貴族探偵』は視聴率で2桁取れたのは初回だけですからね。
『コード・ブルー』に固定ファンがついていたから7月期はずっと2桁視聴率だっただけで、固定ファンのついていないオリジナルストーリーになったらまた元通りの視聴率に戻ってしまっただけの話です。

篠原さんも、『オトナ女子』の前までは主演すれば視聴率の取れる女優といわれていたんですが、2作連続で大コケが続くというのは今後のキャリアにも影響しそうですね。
どちらもフジテレビのドラマですし、低視聴率なのは篠原さんの責任ではないような気がしますが、ネットのコメントを見ていると、篠原さんに対する厳しい声もちらほら…。

(以下引用)
昔は篠原涼子好きだったのにな~。
最近は演技も型にはまってるね。
おんな版キムタクみたい。

「篠原涼子の演技がイマイチ(>人<;) 」
「篠原涼子嫌いなんだよなぁ。演技下手だし。父親は甘ったるい声で良いとか言ってた。」
脚本もひどいけど、主役の篠原涼子がキャストミス。」
(以上引用 ガールズちゃんねる)

ドラマそのものの感想は、やはり賛否両論、という感じでした。

(以下引用)
いろんな意見があるけどテンポも良かったし私は面白かった。
主役級の人も今回少ない出番の人もしっかりキャラを出していたと思う。
また来週も観てみたい。

最近フジは脚本が全然ダメ
「期待してなかったせいもあって、私はそれなりに楽しめたよ。来週も観る。 」
「つまんなかった 人物が薄っペラ 議員になりたい理由もただ自分のため」
「コントとかならともかくドラマで「あ、このキャラは〇〇をモデルにしたな。」
とか明け透けて見えるのあまり好きじゃない」
ママさん向きなのかなぁ。独身女には共感出来ないことが多い。
ママばりばり働けないじゃん、世の中のせいにしても現実的には誰かがフォローしなきゃなんないじゃん。」
「これはどこらへんの層を狙ってんだろ。やっぱママ世代? 」
「どの層も狙ってなくてヤケクソに見えるよフジが
(以上引用 ガールズちゃんねる)

抽出したコメントはダメ出しが多いんですが、“来週も見てみたい”というコメントは割と多く見られました。
そういったコメントへのマイナス評価も多かったので一概には言えませんが、一定の評価は得ているのかな、という感じです。
これは、2話の視聴率がポイントになりますね。
さすがにこの評で初回より2話の視聴率が上がる可能性は低そうですが…。
来週は野球の放送はなさそうですし、大きく下げることがないといいですね。

※今は“いいオンナ”キャラですが実は黒歴史もあり。
篠原涼子「いい女」キャラに違和感?!鼻フックしてた過去は黒歴史扱いで豊胸疑惑も
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

◆気になる芸能人のSNSはこちら
◆最新芸能ニュースはこちらで読めます!→人気ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース